関西大学出版部

カートを見る

泊園書院と漢学・大阪・近代日本の水脈 関西大学創立130周年 泊園書院シンポジウム論文集

吾妻重二 編著
 
 
 
シリーズ 関西大学東西学術研究所研究叢刊56
判 型 A5判上製
ページ 250頁
定 価 3,520(本体3,200円+税)
ISBN 978-4-87354-662-9
分類コード C3021
刊行年月 2017年08月

関西大学の知的ルーツの一つとなった大阪の私塾、泊園(はくえん)書院。江戸後期から明治・大正・昭和へと続くその知的伝統を、学問や芸術、門人、人脈の軌跡をめぐって論じ、漢学・大阪・近代日本とのかかわりを照射する。関西大学創立130周年を記念して開かれたシンポジウムの論文8点を収める。最新の研究成果。

目 次
目次
 はじめに
 藤澤東がいと泊園書院の琴学
 藤澤南岳と明治漢誌壇
 大成会の釈奠 ―藤澤南岳と山本梅崖と―
 藤澤南岳の世界認識に関する考察 ―正徳・公平・天人の諸概念を中心に
 藤澤南岳の芸術趣味と大坂の四条派絵画
 三島中洲と二松学舎の漢学教育
 泊園書院出身の東洋学者たち
 岡本韋庵のアジア観
 執筆者一覧(掲載順)