関西大学出版部

カートを見る

大正癸丑蘭亭会への懐古と継承 関西大学図書館内藤文庫所蔵品を中心に

陶 徳民 編
 
 
 
シリーズ 関西大学東西学術研究所資料集刊30
判 型 A4判
ページ 292頁
定 価 7,260(本体6,600円+税)
ISBN 978-4-87354-566-0
分類コード C3070
刊行年月 2013年03月

1913年日中蘭亭会関連文献と画像を検証する意欲作。岸田雨臣・高瀬惺軒の蘭亭紀行、『書苑』の東京蘭亭修禊記念會記事、梁啓超編『癸丑禊集詩』、長尾雨山・神田喜一郎・須羽源一・杉村邦彦・陳振濂の論考、内藤の書論(年代順)、王羲之研究文献目録のほか、西【レイ】印社と台湾・香港・韓国の関連画像も収録。

目 次
序(松浦 章)
自序(陶 徳民)
序説 大正二年における内藤湖南・藤澤南岳の「王右軍」論の含意を考える
 ―本書の狙いと構成の紹介を兼ねて―(陶 徳民)
論考 大正癸丑の蘭亭会とその歴史的意義(杉村邦彦)
第一部 図版編
(一)蘭亭会の由来
(二)王羲之の書を愛した帝王たち
(三)徳川・明治時代の蘭亭趣味の諸相
(四)一九一三年蘭亭会の四重奏―北京・東京・杭州・京都―
(五)蘭亭会につづく大正期日中文化交流の余韻
(六)一九七三年蘭亭会の四重奏―大阪・東京・香港・台湾―
附録 二〇一三年「関西大学大正癸丑蘭亭会百周年記念行事」関連資料
図版解説
第二部 文献編
蘭亭(長尾雨山)
蘭亭紀行(在上海 岸田雨臣)
蘭亭行 高瀬惺軒遺稿(杉村邦彦編)
大正癸丑の蘭亭會(神田喜一郎)
大正癸丑の京都蘭亭會について(須羽源一)
蘭亭修禊記念會記事(東京)『書苑』
癸丑禊集詩(北京) (梁啓超等)
一九一三年中国と日本における「蘭亭会」 陳振濂(亀井拓訳・陶徳民校)
 附録
内藤湖南の書論(漢文)(陶徳民・胡珍子編)
京都の壽蘇會(長尾正和)
王羲之研究文献目録(中村史朗・六人部克典編)
あとがき