関西大学出版部

カートを見る

東洋汽船と映画 

松浦 章 著
笹川慶子 著
 
 
判 型 A5判
ページ 450頁
定 価 3,410(本体3,100円+税)
ISBN 978-4-87354-641-4
分類コード C3021
刊行年月 2016年09月

東洋汽船会社は浅野総一郎が創業したアジアを代表する汽船会社のひとつである。その東洋汽船が渋澤榮一らの貴賓会や大隈内閣の外客誘致政策の影響下に東洋フィルム会社を設立、それが後に谷崎潤一郎らを迎えた大正活映に発展する。製作配給興行における東洋汽船の新しすぎる試みは、亀裂を生みつつ、新たな地平を切り開く。

目 次
目 次
 口 絵
 序 文
 第1部 東洋汽船の活動
  第1章 淺野總一郎をめぐって
  第2章 淺野回漕店から東洋汽船会社へ
  第3章 東洋汽船とサンフランシスコ航路
  第4章 東洋汽船会社の南米航路
  第5章 東洋汽船会社と台湾烏龍茶のアメリカ輸出
  第6章 東洋汽船会社汽船の上海寄港
  第7章 日本における輸入映画と汽船
  第8章 谷崎潤一郎と大正活映<