関西大学出版部

カートを見る

風景論 東アジアから見る・読む・考える

中谷 伸生 編著
 
 
 
シリーズ 関西大学東西学術研究所出版図書研究叢刊61
判 型 A5判上製
ページ 348頁
定 価 本体 4,700円+税
ISBN 978-4-87354-721-3
分類コード C3071
刊行年月 2020年03月

風景とは何か、という問題設定の下、日本美術を中心に、西洋美術や日本史や宗教学の論考を収録して、若手研究者たちによる斬新な研究を紹介する。これらの論考は「東アジア」という視点から考察されたものである。絵画史が多くを占めているが、近年、関心をもたれつつある多様な「風景画」をめぐる論攷となっている。

目 次

はじめに

仙境に架かる橋―狩野山雪筆《長恨歌画巻》を手がかりにして……村木 桂子
 一 「愛と死」を描く「長恨歌」
 二 狩野山雪筆《長恨歌画巻》の概要
 三 長恨歌図に見る仙境の風景
 四 中国絵画にみる山雪本のイメージソース
 五 亭橋のある風景
 六 近世初期の蓬莱仙境

海北友雪筆総持寺縁起絵巻について―描かれた境内からみる制作年代―……桑野 梓
 一 総持寺と総持寺縁起絵巻
 二 総持寺の歴史
 三 海北友雪筆「総持寺縁起絵巻」について
 四 描かれた風景

「秋草の美学」から考える日本と中国絵画における風景の表現……施 燕
 一 「秋草の美学」から考える意味
 二 源豊宗という人物
 三 「秋草の美学」とは
 四 日本絵画にみる「秋草の美学」
 五 「龍」とは
 六 風景の表現
 七 改めて「秋草の美学」とは

浦上春琴の山水図をめぐって―《雨後山水図》と《蘭亭図》―……中谷 伸生
 一 春琴筆《雨後山水図》
 二 春琴の略歴
 三 春琴の人柄
 四 春琴作品の評価
 五 春琴筆《蘭亭図》
 六 蘭亭図の構成と細部描写
 七 《益王重刻小蘭亭図巻》と王羲之『蘭亭序』
 八 《雨後山水図》と《蘭亭図》

創られる風景―近世大坂の名所と風景―……内海 寧子
 一 風景と名所について
 二 近世大坂の名所見物
 三 新しく創られる名所
 四 まとめ

大和絵風景画における古典とモダン―松岡映丘筆《さつきまつ浜村》の分析を通して―……日並 彩乃
 風景画におけるやまと絵の近代化とは何か
  一 写実と様式の逆説:《夏立つ浦》から《さつきまつ浜村》へ
  二 古典とモダン:風景画から風俗画へ
  三 名も無き風景
 大和絵風景画が表現したもの

土田麦僊《大原女》の風景……豊田 郁
 一 《大原女》の制作経緯
 二 大原女というモティーフ
 三 西洋近代絵画からの着想
 四 「クラシック」な美への憧憬
 五 《大原女》における古典と近代

青木繁の絵画における人物のいる風景……髙橋 沙希
 一 青木繁の魅力
 二 当時の洋画界
 三 初期作品(一八九六-一九〇三)
 四 中期作品(一九〇四-一九〇七)
 五 後期作品(一九〇八-一九一〇)
 六 青木繁の人物描写

マックス・エルンストと空間表現、そして自然風景空間とイマージュの成立……嶋田 宏司
 一 マックス・エルンストと風景、および空間
 二 論文「色彩の生成について」にみる空間の意識
 三 メカニックなオブジェ素描と地面
 四 教材カタログの塗り潰しコラージュ
 五 デ・キリコの都市空間とエルンストの自然風景
 六 パリ期の風景表現
 七 森の絵画シリーズ
 八 怪鳥ロプロプという自然のイマージュ

風景を構成する「見えないもの」について―「バリ島の風景」を事例として―……磯 忠幸
 一 天国のイメージと宇宙空間
 二 リアルさの根源―現実とイメージの重層性
 三 映像の解剖―映像人類学の試み
 四 バリ島の風景を描く―シュピースと「風景とその子供たち」
 五 「絵画」の導入―新しい表現様式としての「絵画」―
 六 バトゥアンの絵画―「サクティ」が構成する世界―
 七 見えないものを見る
 八 風景を読解する

あとがき
著者紹介