関西大学出版部

カートを見る

米軍基地問題の基層と表層 

電子書籍はこちら

丸善 Knowledge Worker
紀伊國屋 KinoDen
髙作 正博 著
 
 
 
判 型 A5判上製
ページ 450頁
定 価 3,300(本体3,000円+税)
ISBN 978-4-87354-685-8
分類コード C3032
刊行年月 2019年02月

沖縄の米軍基地に「抗う」運動は、「民意」と「歴史」に支えられている。米軍基地から派生する様々な問題を、その直接の原因である日米地位協定や国内法、また、その底流で流れ続ける「改憲論」の観点から問い直す。米軍基地問題を日本国内の問題として捉え、その解決のための視座を、主権論や国家論に求める。

目 次

序章 主権・自衛権・安全保障 ─「危機」の概念としての憲法制定権力

第1部 安全保障の法構造と変容
 第1章 自衛隊による海外派遣の拡大路線
 第2章 自衛隊と米軍との一体化路線
 第3章 改憲論と「安保法制」

第2部 沖縄米軍基地の法運用
 第1章 日米地位協定の立憲的統制
 第2章 米軍基地の移設と住民・地方公共団体
 第3章 米軍基地と爆音訴訟の諸論点

第3部 沖縄米軍基地と市民・民主制・自由
 第1章 米軍基地に抗う市民性 ─沖縄戦の歴史の継承
 第2章  米軍基地に抗う市民の直接行動 ─民主主義の「質」と憲法学
 第3章 米軍基地に抗う表現の自由論 ─刑事法の適用とその合憲性

終章 辺野古が問う平和主義 ─民主主義と法治主義の「質」を問う