関西大学出版部

カートを見る

シチリア海法序説 

電子書籍はこちら

丸善 Knowledge Worker
紀伊國屋 KinoDen
栗田 和彦 著
 
 
 
判 型 A5判上製
ページ 326頁
定 価 2,970(本体2,700円+税)
ISBN 978-4-87354-680-3
分類コード C3032
刊行年月 2018年09月

文明の十字路・中世地中海交易の要衝シチリアの拠点港メッシーナとトラパニに残る往時の海法を逐条的に分析・検討し、その実像に迫り、スペイン・ヴァレンシア海法との関連性やメッシーナ海法とアマルフィ海法(世にいうFoscarini本)との類似性など、中世イタリアないし地中海海法史研究上の意義・重要性を解明する。

目 次

まえがき
序論
本論
緒言

第1章 メッシーナ海法序説
 第1節 メッシーナ海事評議員条項
  1 はしがき
  2 メッシーナ海事評議員条項
  3 むすびにかえて
 第2節 メッシーナ海事裁判所条項
  1 はしがき
  2 メッシーナ海事裁判所条項
  3 総括と展望(むすびにかえて)

第2章 トラパニ海法管見
  1 はしがき
  2 トラパニ海事評議員職務規則
  3 陸上の規則・条項
  4 むすびにかえて

結語