入試情報

2021年度 入試情報

※今後の新型コロナウィルス感染症の状況によっては、選抜方法などを変更する場合がありますので、必ず「関⻄⼤学⼊学試験情報総合サイトKan-Dai web」で最新情報をご確認ください。

 2021年度入試から、関西大学では入試制度を大きく変更します。これに合わせて社会安全学部の入試も変更します。とはいえ、「安全・安心の問題について学びたいと考える多様な人々を受け入れるために、さまざまな方式の入試を実施する」という基本方針については変更ありません。

2021年度 変更点
入試の名称を変更します
 大学入試センター試験に代わり、大学入学共通テストが実施されることに伴い、これまでの「センター利用入試」を、「共通テスト利用入試」に変更します。

一般入試の日程を変更します
 一般入試においては、これまでの「学部個別日程」、「全学部日程」という区分を廃止し、「全学日程1(2月1日~3日)」、「学部独自日程(2月4日)」、「全学日程2(2月5日~7日)」に変更します。また、これまで3月に実施していた「後期日程」を廃止します。
 「3教科型」の試験は、2021年度入試から毎日実施(2月4日を除く)します。そのうち1日は、学部が定める実用英語技能検定等の英語外部試験の基準を満たしていれば、国語と選択教科(地歴、公民または数学)の2教科で受験可能な「2教科型(英語外部試験利用方式)」の試験もあわせて実施します。
 さらに、英語・数学の2教科で受験できる「2教科型(英数方式)」の実施日程も、4日間に増やします。ただし、そのうち1日は、数学の出題範囲に「数学III」を加えた「数学重視」として実施します。
 なお、これまで実施していた英語・国語の2教科で受験できる「2教科型(英国方式)」は、廃止します。

共通テスト利用入試の日程、利用科目等を変更します
 共通テスト利用入試(前期)では、「3(4)科目型」を数学2科目と理科から高得点1科目の3科目を利用科目とする「3科目型」に変更します。「6科目型」には変更はありません。
 共通テスト利用入試(併用)では、試験日程を全学日程と重ならない2月4日に変更します。本学の個別学力検査の英語を受験し、共通テストの数学と理科を利用する「3科目型」のみ実施します。「2科目型」は、廃止します。
 共通テスト利用入試(後期)には、変更はありません。



社会安全学部における各種入試

⼀般⼊試・共通テスト利⽤⼊試
 ・・・主に高等学校における教科学習の成果を評価する入試

 一般入試と共通テスト利用入試は、さまざまな教科、科目の組み合わせで受験することができます。一般入試と共通テスト利用入試の試験型・方式について試験日程を基準に整理すると次の表のようになります。一般入試と共通テスト利用入試は、試験日が重ならない限り、いくつでも併願することができます。

試験日程

 また、一般入試と共通テスト利用入試のそれぞれの試験で、どの教科・科目の受験が必要なのかを整理すると、次の表のようになります。みなさんの得意な教科・科目が生かせる試験型・方式を見つけるための参考にしてください。

受験教科

○一般入試(全学日程1・全学日程2)
 一般入試の「全学日程1」は2月1日~3日の試験日程、また、「全学日程2」は2月5日~7日の試験日程をさします。
 全学日程1及び2では、毎日、英語・国語・選択科目(地歴、公民または数学)の学力検査を行う「3教科型」の試験を実施します。国語を必ず受験しなければならないことからもわかるように、「3教科型」は主に文系科目が得意な人向けの入試です。選択科目の1つである数学も、数学I・Aと数学II・Bを出題範囲とする文系数学です。
 また、全学日程1のうちの1日には、「2教科型(英語外部試験利用方式)」の試験も実施します。指定された英語外部試験の基準を満たす場合に限り出願でき、試験の合否判定は、個別学力検査2教科(国語・選択科目(地歴、公民または数学))の得点の合計で行われます。
 さらに、全学日程1のうちの1日と全学日程2の全日では、「3教科型」に加え、英語・数学の2教科で受験できる「2教科型(英数方式)」の試験も実施します。2教科型(英数方式)は、数学が特に得意とする人向けの入試です。なお、全学日程2のうちの1日は、数学IIIを出題範囲に加え、数学の配点を多くした「数学重視」の学力検査を実施します。

○共通テスト利用入試(前期・併用・後期)
 「共通テスト利用入試(前期・後期)」では、大学入学共通テストの得点だけで合否判定を行います。一方、「共通テスト利用入試(併用)」では、大学入学共通テストの得点と本学が実施する個別学力検査の得点を合計して合否判定を行います。
 「共通テスト利用入試(併用)」では、2月4日に本学が実施する個別学力検査のうち、英語の試験を受験する必要があります。これに加えて共通テストの数学と理科の得点を採用します。
 「共通テスト利用入試(前期)」には、合否判定に用いる科目数の違いに応じて、「3科目型」と「6科目型」があります。いずれも、共通テストの受験が必須の国公立大学との併願が行いやすい入試です。特に「3科目型」は数学と理科の2教科から3科目を採用しますので、数学と理科が得意な人向けの入試です。
 また、「共通テスト利用入試(後期)」は、外国語、数学、理科の3教科から高得点の2科目を採用する試験ですので、これらの科目が得意な人向けの入試です。

多様な⼊試
 ・・・教科学習の成果だけでなく、高等学校におけるさまざまな活動を多面的に評価する入試

○AO(アドミッション・オフィス)入学試験
 「AO(アドミッション・オフィス)入試」では、⾃ら考えて⾏動する⼒である「考動⼒」を評価します。
 第1次選考(書類選考)の合格者を対象とした第2次選考においては、小論文試験と⾃分⾃⾝が社会安全学部で学ぶにふさわしい「考動⼒」を備えた⼈物であることをプレゼンテーションしていただく面接試験を行います。プレゼンテーションのテーマは⾃由ですが、なぜそのテーマに⾃ら取り組もうと考え、どのように⾏動してきたか、そして、その「考動⼒」を社会安全学部における学びにどのように関連づけようと考えているかを具体的に説明することが求められます。なお、出願時には、第2次選考のプレゼンテーションで⽤いる説明資料の提出が必要です。試験の詳細は、『AO入試リーフレット』をご覧下さい。

○SF(スポーツ・フロンティア)入試
 「SF(スポーツ・フロンティア)入試」は、スポーツにおける優れた実績を評価する入試です。スポーツ競技成績等による第1次選考(書類選考)の合格者を対象に小論文試験と面接を行い、最終合格者を決定します。

○外国人学部留学生入試
 「外国人学部留学生入試」は、外国人留学生を対象とした入試です。あらかじめ、独立行政法人日本学生支援機構が実施する「日本留学試験」を受験する必要があります。


 何れの入試についても、出願資格や試験教科・配点、検定料等、入試に関する詳細な情報は、「関西大学入学試験情報総合サイト Kan-Dai web」に掲載されています。自分に合う入試を見つけて、ぜひとも社会安全学部に入学してください。