クエスチョン思考『C』【問題の本質を捉える問い、未来から現在を創造する、前提を変える etc.】

関西大学梅田キャンパス 601教室(6階)

  • ビジネス
  • 関西大学オープンカレッジ 梅田MeRISE

banner

《梅田キャンパス共催セミナー 「クエスチョン思考」の第3弾!》

未来を築くためにまず初めになすべきは、明日何をなすべきかを決めることでなく、明日を創るために今日何をなすべきかを決めることである。」
 著名な経営学者であるピーター・ドラッカーの言葉です。

 未来を予測する方法はふたつあります。
 ひとつは、既に起こった未来を予期することです。たとえば、出生率の減少に基づく未来の人口予測。いま起きている事象が、時間的な差を経てそのまま未来に影響を与える事象を発見することで、未来を予測することができます。

 もうひとつは、創りだしたい未来を自ら描き実現していくことです。現状に基づく予測だけでは描くことのできない未来を感覚的に想像し、論理を組み立て実現していく力をつけることで、未来を予測することができます。

■こんな方にオススメ
・今ある前提・解釈・知識に囚われることなく問い続ける力を高めたい
・新たなビジネスや活動などを創りだす力を高めたい
・疑問を感じる力、問いを立てる力を高めたい
・問題発見力・課題設定力を高めたい
・広い視野で多角的に物事を捉えて考える力を高めたい
・論理的に考えることは得意だけど、何かが足りないと感じている
・感覚的に捉えることは得意だけど、もっと論理的に考える力をつけたい
・部下や後輩、チームなどの考える力を高めたい
 etc.

■『クエスチョン思考』とは
 様々な観点で疑問を感じ、「抽象と具体」「感覚と論理」を行き来する中で、正しい問いを探し出し、正しい質の答えを導き出す思考法

■『クエスチョン思考』で高める力
・問い続ける力
(多問多答の思考力)
・問いを立てる力
(疑問を感じる力、疑問を捉える力、問いに換える力、問いをつくり換える力)
・「抽象と具体」「感覚と論理」を行き来する力

 下記4つの思考法の要素を統合したうえで、疑問を感じる力、多様な問いを立てる力、問題発見力・課題設定力、創造する力を、ワークを中心に高めていきます。

◇ロジカル・シンキング<論理的思考>
◇ラテラル・シンキング<感覚的思考(水平思考)>
◇クリティカル・シンキング<複眼的思考(批判的思考)>
◇システム・シンキング<構造的思考>



■全体概要
 クエスチョン思考の講座は、下記3つの講座で構成されています。『A』『B』『C』は、順番関係なく受講して頂くことができます。

★クエスチョン思考『A』<1Day>
【クエスチョン・ストーミング、立場の視点を変えた問い、前提を疑う etc.】

★クエスチョン思考『B』<2Days>
【問いの抽象⇔具体、リフレーミングする問い、創造的な問い etc.】

★クエスチョン思考『C』<1Day>
【問題の本質を捉える問い、未来から現在を創造する、前提を変える etc.】


■『C』講座概要【今回募集の講座概要】
視点を変えた問いを立て考える『時間』
<目的>
 その時々の目的・状況などに応じた時間軸の変化を捉えた問い(複合的な要因を捉えた問い)を立て考える力を高めることにより、対処療法的ではない本質的・根本的な答えを導き出す力を高めていきます。

①『現在⇒過去』
 現在起きている問題は、過去に起きた問題の積み重ねにより成り立っています。そのため、問題の要因を探るためには、時間軸の変化を捉えた問いを立て過去を見る必要があります。

 本講座では、時間軸の変化を捉えた問いを立て考える中で、現在起きている問題を引き起こしている複数の要素間の関係性(時間軸+構造)を捉えることを通して、その時々の目的・状況などに応じた時間軸の変化を捉えた問いを立て考える力を高めて頂きます。

②『現在⇔未来』
 解決すべき問題(ギャップ)について、「いま」のギャップを捉えるのか、「未来」のギャップを捉えるのか。それにより、立てる問いの質が変わり答えの質が変わってきます。

 本講座では、「いま」ではなく「未来」の問題(ギャップ)を捉えたうえで、時間軸の変化を捉えた問いを立て、未来への解決策を考える力を高めて頂きます。

 その中で、重要度の高い要素を見極める。その要素の未来の問題を捉え、未来への変化を捉えた問いを立てる(課題設定)。要素間の関係性(時間軸+構造)を捉えて、解決策のアイデアを出す。出した解決策の阻害要因・促進要因を洗い出してブラッシュアップする。
 ということを通して、その時々の目的・状況などに応じた時間軸の変化を捉えた問いを立て考える力、本質的・根本的な答えを導き出す問いを立て考える力を高めて頂きます。

③未来⇔現在⇔過去『未来から現在を創造する』
【問題発見⇒課題設定⇒問題解決】
【要素間の関係性(時間軸+構造)を捉える】
【前提を変える(メンタル・モデルを変える)】


 ①②で得た学びの統合 + 未来から現在を創造する、前提を変える(メンタル・モデルを変える)ことを実施していきます。
 創造する力を高めるためには、現状に基づく予測だけでは描くことのできない未来を感覚的に想像し、論理を組み立て描いていく力を高める必要があります。

 本講座では、現状から未来を描くのではなく、本当に達成したい目指す状態を制限なく想像し、未来の問題を捉えていきます。そのうえで、未来の視点と過去の視点で現状を見つめ、重要度の高い要素を特定し、時間軸の変化を捉えた問いを立て、要素間の関係性を捉えて未来への解決策のアイデアを出し、阻害要因・促進要因を洗い出してブラッシュアップしていきます。

 その中で、現状をつくりだしている自分(達)の前提(メンタル・モデル)を捉え、障害となる可能性がある前提については、未来の目指す状態の実現を後押しする前提につくり換えることを実施していきます。
 これらにより、その時々の目的・状況などに応じた時間軸の変化を捉えた問いを立て考える力、本質的・根本的な答えを導き出す問いを立て考える力を高めて頂きます。

■受講対象者
 社会人の方
※『A』『B』の講座を受講されていない方でもご参加頂けます。


講師
株式会社あすいろクリエイト 代表 小野利経(おのかずのり)
参加方法

■お申込み方法
 
※ピーティックスへのお申込みを持ちましてお申込み完了となります。

※下記申込WEBサイト(Peatix)からお申込みください

>>>クエスチョン思考【C】お申し込み

ご注意事項

■個人情報の取扱い
 チケットお申込みに際してご提供頂きます個人情報は、企画・運営を行う株式会社あすいろクリエイト並びに関西大学梅田キャンパスが、今後、企画する講座・セミナー・イベントなどへのご案内のために使用させて頂きます。

 個人情報の開示、訂正、追加または削除及び利用の停止または消去のご依頼については、下記お問い合わせ先までお問い合わせください。チケットお申込みにより、上記個人情報の取扱いについてご同意頂くことになりますので、ご了承の程お願い致します。

■キャンセル・ポリシー
 お申込み後、ご都合によりキャンセルをされたい方は必ずご連絡をください。ご連絡方法は、「主催者へ連絡」ボタンよりメッセージを送信して頂く形となります。メッセージ確認後、キャンセル手続きを行わせて頂きます。

◇キャンセル手数料など
【クレジットカード払いの方】
 2月24日以降のキャンセルについては、返金手数料として500円が発生致します。2月23日までのキャンセルについては、手数料なしで全額返金されます。

【コンビニ・ATM払いの方】
 Peatixのシステム上、キャンセル日に関わらず返金手数料として500円が発生致します。

【3月12日以降のキャンセル】
 お支払い方法に関わらずキャンセル料としてお支払い済み受講料全額を頂戴致します。

会期期間
開催回数 1回完結
時間 9:30-18:30
※開場時刻:9:10
定員 25名
料金 ■受講料(税別)開講記念価格:13,000円(通常17,000円)
早期申込価格:11,000円(2月23日までのお申込み)
場所 関西大学梅田キャンパス 601教室(6階)
主催 ■企画・運営  株式会社あすいろクリエイト
関西大学梅田キャンパス/kandai Me RISE
共催・協力
問い合わせ先 株式会社あすいろクリエイト(info@asuiro.jp)
その他

メールマガジンでイベント・セミナー情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

follow us

  • instagram
  • facebook
  • twitter