KANSAI UNIVERSITY

障がいのある学生に対する修学支援窓口

HOME > 障がいのある学生に対する修学支援窓口 > 心理的ケアを必要とする学生の支援

心理的ケアを必要とする学生の支援

 現代人は、心理的ストレスにさらされやすいといわれています。したがって、心理的ケアを必要とするようなケースも決して少なくありません。
 「がんばろうと思っても、やる気が出ない」「何となく不安だ」「人が大勢いるところにいるとしんどくなる」などの症状があり、修学上の困難を感じている場合は、自分一人で抱え込まず、早めに相談に来てください。また、すでに医師の診断を受け、投薬などの治療を開始しているが、修学上の配慮が必要な場合もご相談ください。
 学生相談・支援センターでは、神経発達症/神経発達障がい(発達障がい)の場合と同様に、丁寧に状況をきき取り、本人の了解を得たうえで、関係教職員と連携して、修学上の配慮を行うための基盤づくりをします。