KANSAI UNIVERSITY

障がいのある学生に対する修学支援窓口

肢体不自由学生の支援

肢体不自由とは

 文部科学省は肢体不自由について、「肢体不自由とは、身体の動きに関する器官が、病気やけがで損なわれ、歩行や筆記などの日常生活動作が困難な状態をいう。肢体不自由の程度は、一人一人異なっているため、その把握に当たっては、学習上又は生活上どのような困難があるのか、それは補助的手段の活用によってどの程度軽減されるのか、といった観点から行うことが必要である。(教育支援資料,文部科学省初等中等教育局特別支援教育課,平成25年10月)」と定義しています。
 つまり肢体不自由とは、①生活や学習に関する動作の困難であること、②様々な程度の困難があること、③実態把握にあたっては、支援などによって困難がどの程度軽減されるのかという観点が重要であること、④様々な身体部位における困難があること、⑤様々な医学的原因があること、をポイントに挙げることができます。
【参照】教職員のための障害学生修学支援ガイド(平成26年度改訂版) 日本学生支援機構

障がいのある学生からの質問

Question手指に障がいがあるため、筆記に時間がかかります。
また、両足にも障がいがあり、大学まで電車で通学することが困難です。
関西大学の支援メニューを教えてください。

Answer支援内容については、学生相談・支援センター、所属学部、関係部署のスタッフ等を交えた面談のうえで決定されます。肢体不自由の学生に対して、関西大学では主に以下のような支援を行っています。

支援メニュー

車両の入構及び駐車許可

 許可申請を行い、それが認められた場合に限りますが、大学内に自動車で入構し、許可された駐車スペースに車をとめることができます。

休憩室の利用

 可能な範囲で、授業を受ける学舎内に休憩できる場所を用意します。

授業教室の調整

 可能な範囲で、低層階の教室やエレベーターが利用できる教室で授業を行います。

ノート作成補助

 自分でノートをとることが困難な肢体不自由学生の代わりにノートを作成します。

肢体不自由の学生とのコミュニケーションで心がけてもらいたいこと

  • 車イスに乗っている人や杖を使って歩く人にとっては、少しの段差や坂道が、大きな障がいになります。
    場面に応じて、ちょっとしたサポートをお願いします。
  • サポートには「見守り」という間接的な対応もあります。
    必要に応じて、いつでもサポートできるように声やサインが届く距離で見守ることも大切な対応のひとつです。