KANSAI UNIVERSITY


2013年8月3日(土)開催 シンポジウム「日本の大学教育におけるライティングセンターの可能性―米国の先進事例をふまえて」の記録

関西大学・津田塾大学では、文部科学省平成24年度大学間連携共同教育推進事業「〈考え、表現し、発信する力〉を培うライティング/キャリア支援」の取組の一環として、平成2583日(土)にシンポジウムシンポジウムチラシ.pdf を開催しました。

当日の基調講演の記録(報告内容)と資料、事例紹介・パネルディスカッションの資料を公開しますので、ぜひご覧ください。

●基調講演1 "Supporting the College Writer: The Emily Balch Seminar for First-Year Writers and the Writing Center at Bryn Mawr College"

ブリンマー大学 英文学科講師 レイモンド・リケッツ氏

 記録: 1基調講演(レイモンド・リケッツ氏).pdf

 資料: 1基調講演(レイモンド・リケッツ氏資料 .pdf

●基調講演2 "Building on the Positive: Best Practices for Writing Centers"

ウェルズレー大学 ライティング・プログラム講師
  ライティング・チュータ・コーディネーター  ジェニーン・ジョンソン氏

記録: 2 基調講演(ジェニーン・ジョンソン氏).pdf

資料: 2 基調講演(ジェニーン・ジョンソン氏)資料.pdf 

●事例紹介 「日本のライティング教育の現状」

桜美林大学 心理・教育学系教授 井下 千以子 氏

資料: 3 事例紹介(井下 千以子氏)資料.pdf 

●パネルディスカッション

関西大学 文学部教授 中澤 務

資料:  4 「関西大学ライティングラボの取組」(中澤 務)資料.pdf 

津田塾大学 学芸学部教授 田近 裕子

資料:   5_「津田塾における日英語のライティング教育」(田近裕子).pdf  

                                                                       以上