KANSAI UNIVERSITY
HOME > 最新情報 > 大学院心理学研究科心理臨床学専攻(博士課程前期課程)の設置構想について(2020年4月設置予定)
大学院心理学研究科心理臨床学専攻(博士課程前期課程)の設置構想について(2020年4月設置予定)

2019年04月05日 お知らせ

関西大学では2020年4月に「心理学研究科心理臨床学専攻(博士課程前期課程)」の開設を目指して、現在、文部科学省に設置に関する届出申請を行う準備を進めています。


新専攻では、公認心理師の養成に対応したカリキュラムを編成するとともに、科学的根拠に基づく心理臨床の実務を行ったり、将来、臨床心理学やその周辺領域の研究・教育職を志すにあたり必要となるリサーチスキルを学ぶための科目をバランスよく配置します。


新専攻の詳細は4月下旬頃に心理学研究科Webサイトを通じて公表する予定です。




研究科新専攻の概要(構想案)


研究科・専攻名称

関西大学大学院心理学研究科心理臨床学専攻(博士課程前期課程)

入学定員(収容定員)

15名(30名)

学位名称

修士(心理学)

開設年度

2020年4月(予定)

設置場所

千里山キャンパス

取得可能な資格

公認心理師の受験資格




 上記の新専攻の設置構想に伴いまして、「関西大学臨床心理専門職大学院(心理学研究科心理臨床学専攻(専門職学位課程))」では2020年度の入学生から募集を停止する予定です。また、新専攻では臨床心理士の養成に対応する予定はありません。




なお、この概要は現時点での設置構想であり、今後、変更する場合があります。

このページの先頭へ