KANSAI UNIVERSITY
  1. HOME
  2. 教育内容
  3. メンター制

教育内容

メンター制

関西大学法科大学院では、専任教員によるクラス担任制を補完するため、1人の学生につき1人ずつメンターを配置し、学生が学習計画を作成するにあたり、助言・指導するとともに、定期的に到達度を確認・助言することで学生の学習意欲の維持・向上を図ります。関西大学法科大学院では、1人の学生につきクラス担任の専任教員とアカデミック・アドバイザー(以下、AAという)の2人以上で在学生を指導します。学生の皆さんは、法科大学院入学後、司法試験を目指して学習するうえで、様々な悩みや不安を抱えると思います。そこで、この制度を利用することによって、入学直後から修了までの間、様々な悩みや不安に対する相談や個々の学習計画への助言・指導を受けることができます。
司法試験合格を目指す皆さんにとって、学習上の悩みなどの相談に気軽にのってもらえる存在になるに違いありません!

アカデミック・アドバイザー(AA)って?

若手弁護士であるAAとは、授業外の特別演習を担当している先生です。
また、主に本法科大学院を修了した優秀な若手弁護士で構成しています。
関西大学法科大学院では、各学年の最初にAAと懇談会を行い、自分の学力や学習スタイルに応じたメンターを選ぶことができます。男性・女性どちらのメンターもおりますので、選択肢は広がります。

授業についていけるかな? そんな不安もメンター制で解決します!

授業の際、もし消化不良を起こした場合は、専任教員のオフィスアワーを利用したり、メンター(AA)に質問したりして、未消化の部分を後に残さないようにしましょう。
メンター(AA)が年間を通じて特別演習を担当していますので、困ったことがあればどんどん相談し、疑問点などを解消しましょう。

司法試験に合格するには

司法試験に合格するには、計画的な学習が不可欠です。
そのためには学習計画を立てて、実行に移すことが大切です。短期的な計画と併せて長期的な計画もしっかり考えて、それに沿って学習を進めていくために、メンター(AA)がサポートします。
計画がしっかり立てられているかどうか、進行状況はどうかをチェックし、PDCA(※1)を合言葉にメンターのアドバイスを受け、計画的に学習をすすめましょう。

※1 PDCA
P:Plan 計画をたてる
D:Do 実践する
C:Check 評価する
A:Action 改善する   の略語です。

PDCAとは、司法試験合格に向けて学習計画に基づき、地道に勉強を続けていくその過程を表現しています。メンター(AA)と一緒にPDCAを合言葉に学習計画を実践し、司法試験合格を目指しましょう。

PDCAに基づいたメンター制図解

Plan:計画を立てる Do:実践 Check:評価する Action:改善する

このページの先頭へ戻る

教育内容

  • 教育方法
  • カリキュラム
  • メンター制
  • 演習・講座の紹介
  • 学習支援
  • 長期履修学生制度