KANSAI UNIVERSITY

オーストラリア海外英語研修2018【13日目】

<Aussie Diary DAY 13> Tuesday, August 21st

G'day, mate! 今朝のケアンズも晴れ。やや肌寒い朝となりましたが、ラグーンのキオスク前には短パンにTシャツ、ビーサン姿の生徒たちがつぎつぎとやって来ました。生徒たち40名を乗せたOCEAN SPIRIT号は予定通り、午前8時半にミコマスケイに向けて出航しました。さて、今日はどんな一日になったのでしょうか。

モーニングティーのサービスが終わると、さっそくデッキに出て、生徒たちは青い海と空をバックに思い思いに写真を撮りはじめました。約2時間のクルーズの後、世界遺産ミコマスケイに到着しました。と言っても、クルーズ船からさらに小型ボートの乗り換えて、 いよいよ海鳥の楽園「砂洲」に上陸です。シュノーケリングで色鮮やかなサンゴや熱帯魚を観察したり、Semi sub(半潜水艦)での遊覧を楽しんだり、さらさらの白い砂地でビーチフラッグに興じたり、クルーズ船での豪華なランチをほおばったりとそれぞれが自由にミコマスケイでの半日を楽しみました。帰りのクルーズでは、アフタヌーンティーのあと、はしゃぎすぎて少し疲れたのか、前方のデッキで風にあたりながらのお昼寝タイムとなりました。 今日のミコマスケイ・クルーズでひとつだけ残念だったのは、海上の風が強く、船が揺れてしまったことと体感温度が低かったことです。それでも生徒たちにとっては思い出に残る「最高のクルージングデイ」となりました。(To be continued... )

【生徒たちの感想】DAY 13

今日、私たちは世界遺産のグレートバリアリーフにあるミコマスケイに行ってきました。私は魚を間近で見るのが苦手なのでとても不安でしたが、せっかくなので写真も撮りたいし、シュノーケリングで海に入ろうと決めました。思っていたよりも浅瀬にたくさんの魚がいて、驚きました。泣きそうになりながらすぐに陸に上がりました。しかし友だちはみんなきれいな海で泳いでいたので私はビーチで写真を撮っていました。その後、友だちが帰ってきたので、砂浜で棒倒しをしたりして遊びました。その後、船に戻り、ランチを食べました。帰りの船はみんな疲れたのでほとんどの人が寝ていました。今日もとても充実した楽しい一日でした。(C. B)

今日はグレートバリアリーフの中にあるミコマスケイという場所に行ってきました。そこはとても綺麗なサンゴとたくさんの魚、それに人間の手の入っていない鳥だけの島がとても印象的でした。今日私たちが行った島も、Jackさんに習ったように、いつの日か草木が茂る大自然に変わっていくんだと考えるととても感動しました。この島が草木が生い茂る島に変わった時にもこの島周辺のサンゴが今と変わらず美しいままであればいいなと思います。(A. F)

今日、私たちはミコマスケイツアーに参加しました。約2時間のクルージングの移動はとても疲れましたが、その後に私たちを待っていた「絶景」にたまっていた疲れも吹っ飛びました!海鳥しかいない砂の島で、少し寒かったですが、友だちと楽しく活動することができました。綺麗なエメラルドグリーンの海中は小さな魚がたくさんいてとても可愛かったです。また帰り際に小さなサメを見ることがきました。日本ではできない貴重な体験ができて本当によかったと思います(A. K)

DAY13-01.JPGDAY13-02.JPGDAY13-03.JPGDAY13-04.JPG

DAY13-05.JPGDAY13-06.JPGDAY13-07.JPGDAY13-08.jpgDAY13-09.jpgDAY13-10.JPG

DAY13-11.JPGDAY13-12.JPGDAY13-13.JPGDAY13-14.JPG

DAY13-15.JPG

DAY13-16.JPGDAY13-17.JPGDAY13-18.jpgDAY13-19.JPGDAY13-20.JPG

過去の記事一覧へ戻る

このページの先頭へ