KANSAI UNIVERSITY

オーストラリア研修【8~10日目】

18日(金)
通常通り、ステイ先から送ってもらい、8時半より語学学校での授業開始。休憩時間を2回はさみ12時に終了。もちろん、その2回の休憩中にランチボックスの中から一部を口に入れるというリズムにもすっかりと慣れた様子である。

バスに乗車し、ザビエル校へ移動。本日は、指定されたクラスに2名ずつ割り当てられて、教室内での見学。その内容もクラスによって違うのだが、読書であったり、映像を見ての意見交換であったり、様々である。ただ、大いに日本とは異なる内容のものは、あるクラスの授業の一部は睡眠を取ることであった。カーペットが床に敷かれクションまである。今回は、現地校生徒は机に顔をつけて寝ている。その横で、先述のカーペット・クションに仰向けで気持ち良さそうに寝ている本校生を見つけた時は、さすがに驚いた。

授業見学終了後、バスを待つ間や車内で、お別れのセレモニーで発表するパフォーマンスや歌の練習を行った。学校へ戻り、4時前後から次々と迎えの車に乗り込んで帰宅していった。明日からは、ステイ先と過ごす週末となる。
 
19日(土)~20日(日)
この両日は、ステイ先ご家族と、バーベキューをしたり、釣りに出かけたり、プ-ルへ行ったりと、様々な過ごし方をしています。ケアンズ市内にある無料のビーチ風プ-ルを覗いてみたが、多くの観光客や親子連れで賑わっていたが、本校生徒は見受けられなかった。生徒たちも随分、ケアンズという町に溶け込んでいるようなので、発見できなかったのかもしれない。
 
 
【生徒の感想】
Day 6
僕は今日アボリジニーになったような気分になりました。オーストラリアでしか見られない先住民のショーに参加することができて、とても嬉しかったです。(O.Aくん)
 
Day 7
夜にホストファミリーと一緒に川へ行って、ワニを探しました。結局見つからなかったけれど、魚がたくさん見られたので良かったです。(M.Kくん)
 
Day 7
海外英語研修ももう中間地点になりました。ホストファミリーとの会話も増えたため、最初はとても不安で心配だった研修は、今ではとても楽しく毎日を過ごせています。あと残り半分、最高の思い出が作れるよう頑張ります。(K.Jくん)

P8180430.JPG 170820j_australia (1).jpg 170820j_australia (2).jpg 170820j_australia (3).jpg

過去の記事一覧へ戻る

このページの先頭へ