関西大学 文学部

文学研究科

博士課程後期課程(中国文学専修)

漢字文化圏の中核を成す中国の文学を総合的に研究することを目的とする。研究対象としては、古代から現代に至るまでの様々な文学作品や作者、あるいは文学的事象を包括し、歴史的背景や時代の特徴などを視野に入れつつ幅広い視野に立って研究を進める。古典文学と現代文学を専門とする教員が「演習」と「講義」を担当し、受講生の研究テーマに沿って、博士論文の完成を目指してきめ細かな指導を行う。定期的に開催される「学術論文研究会」を通して、各自の研究対象を絞り込み、問題点を明確にし、独創的な博士論文の完成を目指す。

中国文学特殊研究(2)

中国の文学は、古代から現代に至るまで絶えず変化し、進展し、今なお進化し続けている。中国文学の歴史はまさに悠久であり、人間の精神的営為の記録として高い価値を有するものである。「中国文学特殊研究(2)」では、中国の古典文学、とくに口語を表現手段として文字化された、いわゆる「白話文学」を専門とする教員が指導にあたり、「演習」と「講義」を担当する。受講生は各時代の文学作品やその作者、あるいは文学的事象について、各自の興味に基づいて研究テーマを設定し、文学を取り巻く様々な事象(歴史的文化的背景・社会構造や思想・時代の特徴など)をも視野に入れつつ、幅広い視点に立って研究対象に取り組むことが望まれる。

【担任者および研究テーマ(概要)】
  • 井上 泰山教授

    研究テーマ:中国における白話文学と文言文学の交流の歴史とその展開を探る

    ①「変文」を中心とする唐代以前の講唱文芸の姿、②宋代の芸能の実態と、文字化される以前の白話文学の姿、③元雑劇を中心とする元代以降の戯劇の発展、④明代以降の白話小説の進展状況、⑤白話文学と現代文学との接点、以上を中心に探求。