関西大学 文学部

文学研究科

博士課程前期課程(身体文化専修)

身体文化専修は、健康福祉領域における対人援助システムを対象として学際的に研究をおこなう専修である。人間の生活上の健康福祉に関わる諸問題について人文社会科学の視点から捉え直し、対人援助の方法としてのソーシャルワーク、身体文化的アプローチ、社会的養護、政策形成に関する研究、また、対人援助の領域としての高齢者支援、子育て支援、終末期ケア、福祉国家・社会保障に関する講義、演習が行われている。大学院生には、福祉施設等に在職している社会人学生もおり、講義、演習では活発な議論が行われている。また、修了生は大学の教員や公務員など専門職についており対人援助に関連した多様な人材を輩出している。

健康福祉研究

わが国の急速な少子高齢化は、社会経済的側面に影響を与えるとともに、個々の生活にも諸種の問題を発生させている。このような社会的状況に対応すべく、わが国の健康福祉領域においても多様な施策がなされ、また地域社会ではNPO活動などにみられるような支援活動が展開されている。演習では、人々が健康で安定した生活を支えあう福祉文化社会の構築をめざして、社会保障や社会福祉の諸政策のみならず、子育て支援やソーシャルワーク実践などを含め、社会全体での支援のあり方について、学際的な視点からの論文指導、研究能力の育成と向上を目指している。

【担任者および研究テーマ(概要)】
  • 岡田 忠克教授

    研究テーマ:社会福祉政策の実施と運営に関する研究

    福祉国家の形成過程におけるイギリスと日本の地方自治体の福祉行政および運営管理に焦点をあてた国際比較研究を行っている。

  • 狭間 香代子教授

    研究テーマ:ソーシャルワーク実践理論の比較研究

    今日のソーシャルワーク実践理論において、重要なモデルの一つとして位置付けられるストレングスモデルを対象にして、ポストモダン思想の視点からこのモデルの今日的意義を考察している。

  • 村川 治彦教授

    研究テーマ:対人援助領域における身体性を基盤としたケアのあり方

    心理、福祉、教育、看護、医療など対人援助領域において心身二元論がもたらす諸問題を、身体性を基盤とした実践法や研究法を導入することで乗り越える可能性を探っている。特に一人称の体験を質的研究に活かす方法の構築に関心がある。

  • 山縣 文治教授

    研究テーマ:子ども家庭福祉に関する基礎研究および応用としての実践研究

    子ども家庭福祉のなかでも、社会的養護、子育て支援、就学前保育教育などに関心をもち、理論研究、政策研究、実践研究などに取り組んでいる。