教員紹介基礎法

[基礎法]教授吉田 徳夫

  • 専門分野

    法社会史

  • 研究テーマ

    日本の社会史研究を法制史的視線に基づき行う。単に法律論ではなく、宗教史、国家史、差別史、或いは外交史的諸問題を扱いながら、日本社会の特質に迫る研究を行う。

  • 学部ゼミ紹介

    学生による報告を求め、共通のテキストを全員が朗読したうえで、ディスカッションを行っている。テキストは『在日外国人』。また、就職に関するテーマなどを論議している。

  • 大学院演習科目紹介
    法社会史研究(法政研究コース)

    法社会史の授業では、 法の生成を歴史的な視覚から取扱う。 そのテーマは各種あるだろうが、 人権の拘りあう事項とする。
    当面、部落問題の歴史や、日韓関係史等を取扱う方針である。その時代別には、中世から近代とする。また以上のようなテーマに限定せず、幅広くテーマを設定しながら授業を予定したい。