2020年度秋期 食品産業従事者向け:熱殺菌工学(基礎Ⅰ)

関西大学梅田キャンパス
(教室は受講当日1Fに掲示します)

  • ビジネス
  • 関西大学オープンカレッジ 梅田MeRISE

banner

熱殺菌工学のうち殺菌に関する理論を平易に語る講義内容です。

食品に携わる者にとって、殺菌は永遠のテーマといってもよいでしょう。なかでも熱殺菌は、非常に身近な技術でありながらも、基礎を学んだことがないという方は多く存在します。

この度、関西大学梅田キャンパスでは『HACCP責任者研修』付帯のセミナーとして、熱殺菌に関わる講座を開催いたします。通常は「殺菌技術者研修」と呼ばれている内容の中で、特に実践的な部分だけを抽出・さらに強化して、かみ砕いて解説しますので、HACCP責任者研修を受講中ではない、お忙しい方々でも短時間で熱殺菌のノウハウを身に付けていただけます。

【お知らせ】
熱殺菌工学(基礎Ⅱ)のご案内はこちら

日程

2020年11月2日(月)9:00-15:00 [個別相談会(自由参加)15:00-16:00]を予定

プログラム

下記の通り1から4まで4つの講義を行います。

1.微生物全般とそれぞれの耐熱性【時間】9:00~10:20

食品産業で問題となる食中毒菌の耐熱性、および腐敗の原因となる耐熱性芽胞菌の耐熱性について説明します。

2.微生物の熱殺菌効果計算(実習)【時間】10:30~11:40

通常Fo値と呼ばれているものを中心に、算出方法を解説します。実際に計算を体験していただきますので、ぜひエクセルがインストールされたPC/iPad等ご持参ください。スマートホンでも可能ですが、画面が小さい為PCをお勧めします。

3.熱殺菌機器のあれこれ【時間】12:40~13:40

レトルト、ホットパック、アセプティックなど様々な機器が存在しますが、それぞれ対象にできる製品群が異なり、また最終製品の品質にも差が出ます。広範に運用されている機器の特性について解説します。

4.殺菌の検証【時間】13:50~15:00

殺菌機そのものの温度分布の検証、製品への熱浸透の検証と、熱殺菌が有効に機能していることを確認するには、国際的には通常二段階のステップを踏みます。日本では一番普及が遅れているコンセプトですが、とても重要ですので手短に解説します。

5.個別相談会(自由参加)【時間】15:00~16:00

参加は自由です。各参加者が抱える課題についての個別相談を行います。

ご注意事項

新型コロナウイルスの感染拡大状況等によっては、不開講にする場合があります。その際にはお申込者に対して速やかにお知らせいたします。

また、来場の際は以下の点にご留意ください。

  • 各自で検温を実施の上、受講当日の体調管理の上、お越しいただきますようお願いいたします。
  • 発熱・咳等の症状がみられる方は、来場をお控えください。
  • 入場時の消毒、マスクの着用のご協力お願いいたします。
  • うがい、手洗い、など、ご自身での感染予防にも努めていただくようお願いいたします。

受講料・参加方法

【受講料】8,000円

※食品品質プロフッェショナルズ会員の方は4,000円となります。お申し込み時に種別をご選択ください。
※受講料は当日キャンパス1FのTSUTAYA BOOK STOREレジにてお支払いください。

下記ボタンよりお申し込みください。

お申し込みはこちら

講師
一般社団法人 食品品質プロフッェショナルズ 広田鉄磨
会期期間
開催回数 1
時間 9:00-15:00
(個別相談15:00-16:00)
定員 20名(ソーシャルディスタンス確保のため人数を制限しております)
料金 8,000円
場所 関西大学梅田キャンパス
(教室は受講当日1Fに掲示します)
主催 関西大学梅田キャンパス
共催・協力 一般社団法人 食品品質プロフェッショナルズ
問い合わせ先 関西大学梅田キャンパスオフィス
06-4256-6410
その他

メールマガジンでイベント・セミナー情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

follow us

  • instagram
  • facebook
  • twitter