1. HOME
  2. 特別演習
  3. 特別演習(2019年度)
  4. 特別演習告知〔2019年4月8日(月)~4月14日(日)〕

特別演習

特別演習告知〔2019年4月8日(月)~4月14日(日)〕

【4月8日(月)】
〔過去問講座「G7・刑訴法」答案作成時間〕2018年度 特別演習
時間 :19:40 ~ 21:40 場所:25教室

・解説講座:4月14日(日)13:00~15:00
・自宅等で答案作成を希望する場合は、添付の問題を参照のこと。
・添削希望者は4月9日(火)12時(締切厳守)までに以文館STに提出のこと


【4月9日(火)】
〔演習マスタークラス民法第1回(担当:植田先生)〕2019年度特別演習
時間 : 18:00 ~ 20:00  場所 : B1教室
内容 : 初回のため、導入の話をした後、民法演習Ⅰの教材3頁記載の「第1回~第2回物件関係
と債権関係の峻別と交錯」の事例(4)(特別演習の第1回課題と記載された部分です。)を
取り上げる予定です。
答案の添削を希望される方は、4月8日(月)正午までにメールにて
提出してください。なお、提出する際は、メールの件名欄に【特別演習(学籍番号・氏名)】
を記載してください。
期限までに提出いただいた答案は、コメントを付した上、講義当日に返却する予定です。


【4月10日(水)】
実施なし


【4月11日(木)】
〔未修者用基礎補完クラス(M1)(担当:奥野先生)〕2019年度特別演習
時間 : 18:00~20:00  場所 : 22教室
内容 : 司法試験の概要をお伝えした上で、法的三段論法の基礎について講義を行う予定です。
この一年を通して、「どのように勉強すべきか」を学んでもらうつもりですが、その根幹
となる授業になりますので、未修1年生については、今回の講義は必ず出席するようにして
ください。なお、特に予習をしてきてもらう必要はありません。


【4月12日(金)】
〔演習マスタークラス刑法第1回(担当:星野先生)〕2019年度特別演習
時間 : 18:00 ~ 20:00  場所 : B1教室
持ち物 : 刑法事例演習教材(問1、3、8、35のコピーでも可)
内容 : 司法試験の勉強方法、答案の書き方、刑法事例演習教材の問1、3、8、35に
関連する知識及び答案例を利用した答案の書き方を解説します。今回は勉強方法と
答案の書き方がメインになりますので、予習は一切不要です。


【4月13日(土)】
〔特別クラス(A9)憲法 (担当:安田先生)〕2018年度 特別演習
時間 : 9:00~11:00  場所 : 23教室
内容: 指定教材の問題23および27を検討します。
問題23を答案作成の上、4月11日(木)23:00までに答案を提出してください。


【4月14日(日)】
〔司法試験論文過去問講座・G7刑訴法 5回目(担当:永榮先生)〕2018年度 特別演習
内容 :平成26年度 刑事系2問 場所 : B1教室
〔タイムスケジュール〕
13:00~15:00 解説講座と事前に提出のあった答案の返却
15:10~17:10 答案作成

※ 解説講義後、記憶が鮮明な間に答案を作成する方が学習効果が
高いと考えられますので、なるべくこの時間に答案を作成し、
添削を受けることを推奨します。どうしても答案の事前作成、
提出を希望する場合には、4月8日(月)の答案作成時間を
参照してください。

〔特別クラス(A13)短答式試験対策 (担当:安田先生)〕2018年度 特別演習
時間 : 9:00~12:10   場所 : 24教室
持ち物 : 六法、各自使用している行政法のインプット教材。
取扱論点 : 「行政法」のうち、自習が困難な分野を総整理していきます。
(行政上の強制、行政不服審査法、情報公開法等)
授業の進め方 : 春期集中講座と同じように、演習→解説講義の流れで進めていきます。

                                   以 上

このページの先頭へ戻る