1. HOME
  2. 特別演習
  3. 特別演習(2015年度)
  4. 特別演習通信 Vol.2(メンター制について)

特別演習

特別演習通信 Vol.2(メンター制について)

関西大学法科大学院では、専任教員によるクラス担任制を補完するため、特別演習を担当しているアカデミック・アドバイザー(以下AA)をメンターとして各学生に配置するメンター制を導入しています。メンターは学生個々の希望に応じて選ぶことができますので、自分の性格や得意科目・苦手科目等に合わせてメンターを指名できます。
メンターは自身の合格体験に基づき、司法試験合格までの学習計画について個人別に立案の段階から相談に乗り、引き続き進捗の確認、指導・面談等を行います。

学生の皆さんは、法科大学院入学後、司法試験合格を目指して学習するうえで、様々な悩みや不安を抱えると思います。そこで、このメンター制を活用することによって、入学直後から修了までの間、様々な悩みや不安に対する相談や個々の学習計画への助言・指導を受けることができます。司法試験合格を目指す皆さんにとって、一番身近なロールモデルになること間違いありません!

次回は、2015年度より導入されたオーダーメイド式特別演習、その名も「特別クラス」についてご紹介します♪

このページの先頭へ戻る