1. HOME
  2. 本学法学部と締結した「法曹養成連携協定」が文部科学大臣の認定を受けました!

本学法学部と締結した「法曹養成連携協定」が文部科学大臣の認定を受けました!

 「法科大学院の教育と司法試験等との連携に関する法律第6条」に基づき本学法学部との間で締結した「法曹養成連携協定」(2019年11月29日締結)が、2020年1月30日付けで文部科学大臣から『適当』である旨の認定を受けました!今回の認定では、全国で5つの大学院と6つの学部との連携協定が同認定を受けています。

 この認定を受けたことにより、本学法学部に「関西大学法曹コース」が設置されることとなり、本学法学部と法科大学院における5年一貫(学部3年+大学院2年)の段階的かつ体系的な法曹養成教育課程での学修が可能となります(2019年度法学部1年次生から対象)。
 法曹コース修了者は、法科大学院が実施する法曹コース修了者を対象とした「特別選抜入試」の出願が可能となり、学部の早期卒業制度を利用することにより、学部3年+大学院2年で司法試験受験資格を得ることができ、これまでと比較し時間的・経済的な負担が軽減されることになります。
 また、法科大学院在学中の司法試験受験制度と併せると更なる時間短縮が可能となります。

 協定の詳細および他大学の認定状況については、文部科学省のウェブサイトにおいて公開されています。

以 上

このページの先頭へ戻る

最新情報