ごあいさつ

学長からのごあいさつ

関西大学 学長 前田 裕

飛躍のための挑戦

 関西大学には「学の実化」という学是があります。これは、自分自身の学びを実際の社会との関係で考えることを皆さんに求めています。自分自身の将来を社会の中で位置づけることで、その目標はより一層現実に近づき、具体的になります。さらに、その目標を実現するために、何をどのように学ぶことが必要なのか、どのような知識や技能、資格が必要なのかがわかります。
 長い歴史を持つ関西大学エクステンション・リードセンターでは、皆さんがご自身の目標を達成するために、多様な講師陣による、多彩なプログラムを準備しています。これらのプログラムを活用して、ここでの学びをご自身の目標に結びつけてください。そして、それを自己実現の力にしてください。
 社会人の皆さんにとっては、いまの仕事の中で自分自身を高めるためのスキルや資格のための学習の良い機会になります。新たな飛躍のための挑戦になるかもしれません。また、学生の皆さんにとっては、正課でのそれぞれの専門分野における理論や原理の学習に加えて、自分自身の将来のキャリアを見据えた目標を達成させるための学習の場となるでしょう。皆さんの夢を目標に変え、実現するための具体的なプログラムが準備されています。
 皆さんの関西大学エクステンション・リードセンターでの学びが、新しい自分のためのステップになることを願っています。

キャリアセンター所長からのごあいさつ

関西大学 キャリアセンター所長 小林 剛

不確実で曖昧な時代を生き抜くために

 コロナ禍という世界的な災厄がこの国の働き方を大きく変えようとしています。もはや、新卒一括採用制度により一斉に新入社員を会社という共同体のメンバーとして迎え入れ、様々な部署をローテーションさせながらジェネラリストとして育てていくという日本の「メンバーシップ型雇用」が、今までのようにうまく機能する時代ではないと捉えられ始めているのです。その代わりに、一部の企業トップは、募集の段階でジョブの詳細を明確に規定し、それを遂行する能力と知識を持っている人を通年で採用するグローバル標準の「ジョブ型雇用」へと移行することが生き残りのためには必須だと考えるようになっています。
 では、こうした先が読めない不確実な時代に個人はどうすればいいのでしょうか。おそらく、こうした移行が一気にこの国で進むことはないでしょう。両方の雇用制度がハイブリッドな形で共存し、それぞれの割合が徐々に変わっていくという複雑な過程を経るものと思われます。そして、こうした曖昧な移行期に、やはりもっとも大事なのは個人の力とヴィジョンです。エクステンション・リードセンターが提供する各種講座を利用してスキルや資格を身につけ、時代がどれほど不確実で曖昧であろうとも、自分のヴィジョンを着実に実現するための力と自信を獲得してもらいたいと心から願っています。