開講講座紹介

3月13日受付開始講座宅地建物取引主任者講座

宅地建物取引主任者講座

この講座は、「TAC」の協力を得て開講しております。

資格の概要

宅地建物取引主任者とは宅地建物取引業法によって定められている資格です。宅地建物業を営む事務所には、不動産の取引に関する専門知識を持つ者として、従業員5人に1人の割合で専任の取引主任者を置くことが義務づけられています。この資格は、金融機関、不動産業界のみならず、商社など、不動産の知識を要する一般企業でも取得が推奨されています。

講座の概要

「フルコース」では、宅建合格に必要な知識を習得するため、「民法等」「宅建業法」「法令上の制限」の3分野に分けて講義を行い、基本的知識の定着を確実に行いながら、合格力を身につけていきます。また、蓄えた知識を本番で発揮するために、本試験と同じ形式の公開模擬試験や問題演習でアウトプットテクニックを身につけるための「直前コース」を含むカリキュラムとなっています。
なお、すでに基本的知識の定着を終えている方を対象として、「直前コース」のみの受講申込も可能となっております。


宅地建物取引主任者講座 フルコース

募集内容
受付開始日 3月13日
開講期間 4月16日~10月 6日
総回数/日数 87回/44日
曜日 火・金(8/26のみ月)
授業時間 講義
70分×2時限 18:30~19:40 19:50~21:00
公開模試(会場 TAC梅田校)
10/ 6(日) 13:00~15:00
開講キャンパス 千里山キャンパス
募集人員 50名
割引制度 再受講割引
編入制度 -
特典 -
日程・内容 PDFファイル参照
受講料 本学学生:38,000円
本学卒業生:48,000円
一般:58,000円
教材費 14,000円 ※教材費には模擬試験代を含みます。
市販本の使用 -
備考 ガイダンスあり(3月9日、4月10日)
フォロービデオあり
WEBフォローあり