アメリカ海外英語研修 19日目

【19日目】

これまでの汗ばむ陽気から一転して、最終日は涼しく過ごしやすい一日でした。昨晩は豪華なホテルの部屋でゆっくり疲れを落とし、本日の活動が始まりました。

午前中はボーイング工場を訪問しました。広大な敷地内を専用のバスで解説をしていただきながら移動して、その後工場内を見学しました。工場内では飛行機が作れる工程や、飛行機の種類について、またボーイング社の歴史や理念についてなど、様々なお話を聞きました。桁違いのスケールの工場で、目の前で機体が作られている様子や、作業員の動きなどを生徒たちは興味深げに見学していました。ツアーが終わるとお土産を購入したり施設内の展示を体験してボーイング工場を後にしました。昼食はレイクユニオンの湖畔にある雰囲気のいいレストランでサーモンサンドをいただきました。ボリュームもかなりありましたが、胃がアメリカに慣れてきたのかほとんどの生徒がペロリと完食していました。その後はシアトルのダウンタウンに移動して三時間程の散策時間を持ちました。多くの生徒がまずスターバックスの一号店に30分ほど並び、限定品を購入していました。ここぞとばかりに150ドルほど購入していた生徒もおり驚きました。ポートランドに比べてお店も多く観光客に溢れていて賑やかな町で、生徒たちは飽きることなく時間ギリギリまで楽しそうに色々なものを見て過ごしていました。活動を終えるとレストランに向かいました。アメリカ最後の夕食はステーキです。パン、サラダ、ステーキ、マッシュポテト、そしてデザートに大きなアイスクリームが出てきましたが、皆おいしくペロリと平らげ、ご満悦な様子でした。

ホテルに戻るバス内では和気あいあいとした温かい雰囲気が漂っていました。この海外英語研修中を通していかに生徒たちが充実した時間を過ごし、友情を育んできたのかが、彼らの会話や表情から感じられ、引率者一同安心するとともに、日に日にたくましくなる生徒たちの様子を間近で見ることができた喜びを改めて強く感じました。本日がシアトルでの最終日となりましたが、帰国まで気を抜かずに海外英語研修を無事終えたいと思います。


(生徒感想)

8月1日アメリカ最終日、朝はホテルが快適すぎて起きるのが大変でした。ボーイング(飛行機工場)の見学から始まり、夕食のステーキまで本当に充実した一日でした。個人的には飛行機を作る工程を見れたのが一番興奮しました。ただスタバ1号店で何も買えなかったのは残念でした。あと5分あればなーって思ってるのは内緒です(^^)(Y.I)

20180803-0.jpg 20180803-1.jpg 20180803-2.jpg 20180803-3.jpg 20180803-4.jpg 20180803-5.jpg 20180803-6.jpg 20180803-7.jpg 20180803-8.jpg 20180803-9.jpg 20180803-10.jpg 20180803-11.jpg 20180803-12.jpg

過去の記事一覧へ戻る

このページの先頭へ