海外英語研修①

7月29日(月)・30日(火)
 飛行機の機材調整のため、離陸が1時間半遅れてしまい、到着も遅れてしまいましたが、体調を崩す生徒もなく、順調なスタートです。日本との時差は3時間。気になるお天気ですが、何とも気持ちの良い快晴。この時期は雨が特に多いニュージーランドですが、日なたでは暑いくらいの日差し。しかしながら季節はやはり冬。日陰はだいぶ気温が下がります。持ってきた上着を着込み、バスに乗って出発です。まずは昼食。機内で夕食と朝食を食べ、あまり動いていないため、あまりお腹が空いてはいないようですが、日本食レストランで目の前で焼いてくれるステーキ肉をペロリ。到着時刻が遅れたため、少し急ぎ足ですが、一行はテ・プイアのポツフ間欠泉を見学。硫黄の匂いが立ち込めるなか、地下水が噴出孔から高く噴き上がる様子に歓声が上がります。そのあとは、スーパーに寄り道。そこで飲み物を(おやつも)買って、ホテルへ。夕食では、さすがに少し疲れた様子を見せていましたが、しっかり休めば、明日の朝はまた元気な顔で起きてくることでしょう。

7月31日(水)
 少し霧がかかった肌寒い天気の中、一行はフカ滝へ。大きな川が流れ込む滝で、あまり高さはありませんが、ダイナミックな滝です。滝を上から眺めた後は、ジェットボートに乗りました。ものすごいスピードで川を上ったり下ったり、しぶきをあげてスピンしたり。上から眺めたフカ滝の近くまで行って、その雄大な姿をカメラに収めたりもしました。この頃までには霧も晴れ、太陽が顔を出しており、生徒は寒さも忘れて歓声を上げていました。
 その一帯は地熱を利用した発電を行ったり、エビの養殖をしたりしています。そこで養殖されたエビを使ったエビバーガーを昼食にいただき、再びバスに乗って、いよいよNapierへ。Napierに着いたのは、日もだいぶ傾いた夕方。しかしそこには、横断幕を掲げて我々の到着を歓迎してくださるNapier Boys High Schoolのみなさんの姿。男子はここでバスを降りて、ホストファミリーとのご対面。女子はそこから30分ほどのHastingへ。Hasting Girls High Schoolでも、ホストファミリーがお待ちかね。少し緊張気味の顔で、ぎこちない自己紹介をして、ホームステイ先へと向かっていきました。

8月2日(木)
 今日から制服を着て登校です。男子も女子もそれぞれの学校で、午前中はテスト。昼食後はバスに乗って、市内観光へ。眺めの良い場所まで上って写真を撮ったり、ビーチ沿いのお店でアイスクリームを食べたり。みなそれぞれのホームステイ先でがんばっているようです。

過去の記事一覧へ戻る

このページの先頭へ