高校2年生 修学旅行初日

高校第2学年修学旅行 第1日目
1月30日。いよいよこの日がやってきました。修学旅行in北海道!
この数日は学校でも生徒達は毎日修学旅行の話題ばかりでしたから、当日とあっては気合の入り方が違う! 集合時間前に誰一人遅れることなく集合し、これからの4日間に対する期待を全身から漂わせていました。
 空港前での諸注意を経て、機内へ。飛行機が離陸する瞬間に上がる歓声。テンションが高い! 今回が初の飛行機と言う人もいて、窓から見える景色に目を輝かせていました。  フライト時間が1時間を越えたあたりで、窓から陸地が見えると、「北海道が見えた!」という声が上がっていましたが、残念ながらそれは津軽半島なのでした。指摘しようかとも思ったのですが、せっかく盛り上がった気分に水を差すのも申し訳ないので黙っておきました。

そんなこんなで北海道にはあっというまに到着。外はさぞ寒かろうと外に出た生徒の第一声は
「そんなに寒くないなあ」
そうなんです。北海道って、到着した瞬間ってあんまり寒く感じないことが多いんです(もちろんとんでもなく寒いときもありますが)。これはきっと寒さに対する覚悟が実際の寒さを上回るために起こる現象ではないでしょうか。ちなみにこれとは逆の現象がきっと大阪に帰ったときに起こると予言しておきましょう。大阪に着いたときの第一声は「大阪、寒っ!」です。
それはさておき、そうはいってもやはりそこは北海道。じっとしてるとじわじわ寒さがこみ上げてきます。いそいそとバスに乗り込み、ここからはクラス別活動! 内容は以下のとおりです。
A・E組…雪合戦(ただの雪遊びではありません。国際競技ルールにのっとったスポーツとしての雪合戦です!)
B・J組…札幌自主研修
C組…海鮮市場で昼ごはんプラス札幌自主研修
D組…マリンパークニクス(道南にある水族館)見学
F組…札幌自主研修プラス白い恋人工場見学
G組…わかさぎ釣り
H組…カーリング体験
I組…登別地獄谷めぐり

私は引率していたところのことしか分かりませんし、そのクラスのことばかり書いても、他のクラスに申し訳ありませんので、ここからは各クラスの修学旅行委員の感想を紹介したいと思います。

A組
 A組は雪合戦とサイロ展望台に行きました。雪合戦は1チーム6~7人で対戦しました。ルールがたくさんあって初めは細かいルールがわからなくてすぐにアウトになったりしました。でも、試合回数を重ねるうちに、だんだんチームワークも生まれてきて作戦を立てながら試合をしたりして楽しかったです。試合の合間には雪の中に飛びこんだりして遊びました。大阪ではできない体験だったので楽しかったです。
 サイロ展望台では洞爺湖をバックにたくさん写真をとりました。違うクラスの子とも写真をとったりして交流しました。

B組
 初日、待ちに待った修学旅行!北海道は寒かったけど思っていたより寒くなくてほっとしました。キリンビール園で食べたジンギスカンは野生の生々しい味がしましたが、多めに焼いてペッパーをふって食べたら美味しくなりました。札幌観光ではソフトクリームがとても美味しかったです。ラーメンも食べれて良かったです。ルスツリゾートはとても豪華でびっくりしました。夕食のバイキングも美味しく、食後はトランプをして楽しみました。明日は一日スキーなので怪我に気を付けて頑張りたいです。

C組
 今日は朝早くに空港に集合し、皆でわいわい出発しました。着いてからの海鮮丼はとても新鮮でおいしく、さすがは北海道という感じで魚介類の苦手な私も楽しむことができました。その後、札幌市街研修では、おいしいスイーツを食べて、そこからはクラスの女子で市役所やテレビ塔の前で雪遊びをしてとても楽しかったです。初日でこんなに楽しかったので残り三日間が楽しみです。

D組
 D組は今日、お昼ご飯に海鮮丼を食べ、登別マリンパーク二クスに行き、洞爺湖や昭和新山の横を通ってホテルに向かいました。海鮮丼は魚が新鮮でとても美味しかったです。登別マリンパーク二クスでは、様々な動物のショーを見ることができ、クラスの人とたくさん関わりあえて、とても楽しかったです。洞爺湖や昭和新山は、教科書でしか見たことがないものだったので、実物を見て、その大きさに驚きました。
 急ぐことはなくゆっくりみんなで楽しめた充実した一日になりました。明日はスキーとスノーボードに分かれての講習ですが、怪我をせずに、皆が楽しく一日を終えられるようにしたいです。

E組
今日、僕達E組はクラス活動で雪合戦を行いました。雪合戦と一言で言っても、しっかりとルールがあり、オフェンスとディフェンスが分けられていたり、一定のラインを越えてしまうと失格になってしまいます。始めのうちは皆、遠慮がちになっていたのですが、時間が経つにつれて、だんだん大胆になってきて、とても白熱した試合になり、楽しかったです。
その後、サイロ展望台という洞爺湖の見える展望台でも写真をお互いに撮り合ったり、お土産を買うなど、思い出作りをすることができました。明日からはゲレンデでのスキー・スノーボードの講習となるので、しっかりと滑れるように練習しようと思います。

  F組
 今日は札幌でジンギスカンを食べた後に市内を一時間程度散策し、石屋製菓の白い恋人パークではお菓子の歴史を学び、パーク限定品などを買いました。
 みんな伊丹空港から宿泊地のルスツリゾートまで常にエンジンフルスロットルで楽しみ、良い思い出になりました。明日からはスキー・スノーボード講習ですが、滑れるように頑張っていきます。

G組
 G組はわかさぎ釣りに行きました。大阪でする釣りとはやり方が違っていて、すごく新鮮味があり、楽しくすることができました。わかさぎがかかった時の振動がとても微妙なものだったので難しかったです。あと、エサをつけることがなかなかつらかったですが、魚が釣れるとそのようなつらいことも吹き飛んでしまうぐらい満足できました。また機会があればやりたいと思います。

H組
 私たちH組は、札幌の美香保体育館でカーリングをしました。クラス全員がカーリングをしたことが無かったので、インストラクターさんに親切に教えていただき、良い体験ができました。アイスリンクは始めは寒くて、コートを着ていたのですが、熱中していくうちにほとんどの人がコートを脱いで一生懸命ストーンを投げたり、スイープ(注:デッキブラシのような道具で氷をこすること)したりしていました。終了時間になってホテルに向けて出発するのが名残惜しいほど、すごく楽しい一日目となりました。

I組
 大阪の伊丹空港を出発し無事千歳空港に到着したあと、I組は登別温泉に行きました。まず、地獄谷で集合写真を撮り、さらさら、ふわふわの雪で雪合戦などをして遊びました。川の足湯にも入りましたが、出たあとで靴を履く間に冷めてしましました。その後、温泉街へ行き、カニ、ほっけ、アイスを食べお土産をたくさん買いました。大阪ではなかなか見られない雪なので、みんなテンションが上がって、ホテルに向かうバスの中で寝てしまうほどはしゃぎ、楽しむことができました。

J組
J組初日は、札幌市内を自由観光しました。札幌に着くと、まず最初に大阪ではあまり見られないあたり一面の銀世界にとても感動しました。地に足をつけると雪はふわふわ、つけた足あとはとても深く刻まれ、「北海道にやって来た!」という実感がわいてきました。札幌市内ではパフェやスイーツ、ラーメン、スープカリーなど北海道ならではの食べ物を満喫し、充実した一日を送ることができました。

さて、クラス別活動が終了し、各クラスは今回の修学旅行の最終目的地、ルスツリゾートホテルに続々と集結してきます。大きな混乱もなく、全クラスがホテルに入り、入館式。これからの3泊4日の注意事項をしっかり聞いて、スキー。スノーボードの用具チェックを行いました。初めて履くスキー靴に戸惑いを覚える生徒、サイズがまったく合わないヘルメットをかぶって「これなんかおかしくない?」と聞くまでもないことをたずねて失笑を買う生徒など、微笑ましい光景がいくつも見られました。
 一段楽した後は、いよいよ夕食。豪華なバイキングです。本日はイカとマグロのお刺身が食べ放題、さらに餃子にから揚げに酢豚、スープカレーにやきそば、炊き込みご飯、おまけにチョコレートケーキまで、至れり尽くせりな内容。こんな晩御飯が3日間も食べられるのですから、「夢のよう」とはこういうときに使う言葉だったのかと言いたくなります。
生徒達も何度並びなおすのかとこちらが驚くほど、おかわりをしていました。明日からのスキー・スノーボード研修のエネルギー補充はばっちりです。
 食後は各自、部屋や食堂でお喋りをしたり、ホテル内のお土産やさんで買い物をしたりして過ごし、あっという間に消灯時間。今日は本当にあわただしくも充実した1日だったのではないでしょうか。  さて、明日はいよいよゲレンデに出ます。ルスツの雪はほんとうに素晴らしい雪です。初めての人も、経験者も、目いっぱい楽しんでくれるものと、私は信じて疑いません。
それでは、今日はここまで。1日、お疲れ様でした!


修学旅行0.JPG
修学旅行初日1.JPG
修学旅行初日2.JPG
修学旅行初日3.JPG
修学旅行初日4.JPG
修学旅行初日5.JPG
修学旅行6.JPG
修学旅行7.JPG

過去の記事一覧へ戻る

このページの先頭へ