ニュージーランド海外英語研修17日目

7月30日 【17日目】

 今朝からパラパラと雨が降っていて肌寒い一日となってしまいました。しかも風が強く、もう一枚厚着してこれば良かったと朝から後悔しました。今日のプログラムはマオリカルチュアルデイです。ニュージーランドの先住民族であるマオリの文化を勉強しに朝からマラエと呼ばれるマオリの人たちの集会所を訪れました。いつもは一高生だけでゆったりとしているバス車内も、本日はNBHS、HGHS両校から10名を超える生徒達も参加してくれたので込み合っていました。バスはHGSHを出発して約15分程度でマラエに到着しました。

 集会所には、女子、男子の順番に並んで入室し、そこからは中で待っていただいていたマオリの族長の方とHGSHの先生がマオリの言葉で入村の儀式を行いました。それから生徒一人一人が順番に族長と向き合って、お互いの鼻と鼻をくっつけます。これがマオリの挨拶です。一通り挨拶が終わるとモーニングティーの時間となりました。集会所の隣の食堂に移動し、そこでお茶とクッキー、リンゴをいただきました。

 休憩が終わると集会所に再度集まり、ここからマオリ文化の体験学習が始まります。まずHGSHの先生がマオリの歌を紹介してくれました。生徒達には歌詞が配られ、生徒達はそれを必死に目で追いながら聴いていました。ちなみにマオリの文字の読み方は日本のローマ字に似ているので一高生たちにとっても比較的発音はしやすいようでした。続いてNBHSの生徒達が前に出て、ハカのパフォーマンスをしてくれました。ハカはラグビーのニュージーランド代表オールブラックスが試合前に行う民族舞踊としても有名ですが、本来はマオリ族の戦士が戦いの前に自らの力を誇示し、相手を威嚇する舞のことです。パフォーマンスが終わると、生徒達がこの歌とハカを練習して踊るのだと告げられました。男子は1グループ、女子は授業クラス分けと同じメンバーで2つのグループに分かれ、早速分かれて練習開始となりました。
 それぞれのグループにはNBHSとHGHSの生徒が担当で数人ずつ付きっ切りで教えてくれます。英語の先生やHGHSの先生もグループを回りながら指導をしてくれます。女子の方は歌だけでなく、ニュージーランドの儀式で使用されるポイを使っての動作も覚えなければなりません。早速練習を開始していました。一方男子の方は、最初は簡単なマオリ語を使ったゲームをしてウォームアップです。ゲームの内容は単純なのですが、非常に盛り上がり、NBHSの生徒達と一緒に皆大笑いしながら10分程遊んでいました。いざ練習が始まると、やはり男女とも、動きだけではなく言葉も覚えなくてはいけないので苦戦しているようでした。

 しばらく練習をしているうちに、ランチタイムになりました。一旦練習を中止して食堂でランチをいただいていると、ここで嬉しいサプライズがありました。1年生のTさんが昨日誕生日を迎えたということで、とても大きなバースデーケーキが登場しました。皆でハッピーバースデーの歌を歌い、Tさんは照れながらも切り分けられたケーキを皆に配って祝福の言葉をもらっていました。

 ランチブレイクの後は、もう少し男女それぞれ練習を行いました。その後集会所に全員集合し発表の時間となります。まずは男子のハカからです。1年生のA君の大きな声での合図に合わせて皆で覚えたてのハカを踊ります。さすがに見ている者を威嚇するまでの迫力までは難しかったようですが、なんとか最後まで踊り切り練習の成果を見せてくれました。続いての女子は、ポイを使いながら男子と違って上品な声で歌っていました。途中で忘れてしまったり、間違えたりしながらも一生懸命のパフォーマンスでした。発表が終わるとマオリの方々や先生方からもお褒めの言葉をいただくことができました。

 最後にマオリの族長からマオリの言葉でご挨拶をいただきました。しばらくマオリの言葉で話をされている間、生徒達は全く分からないながらも一生懸命聞いていましたが、族長が途中から英語を使って話をし始めたとたんに、分かるところはしっかりうなずき、聞き取れないところは少し首を傾けるなどして積極的な姿勢で聞いていたのが印象的でした。実際生徒に聞いてみると、「最初はマオリ語で分からなかったけど、途中から英語で話してくれて安心した。」などと、日本ではなかなか聞くことのできない嬉しい発言でした。この研修を通して、英語が分からなかったらどうしよう、という消極的な姿勢ではなく、自分が分かっていること、分かっていないことを相手に伝えながら積極的にコミュニケーションを取ろうという姿勢が見られ頼もしく感じます。

 さて、このようにして本日の活動が終わり、速いものでネイピアでは明日の活動を残すのみとなりました。明日は先週雨天で延期となったMountain Valleyでの活動となっています。気になるお天気ですが予報では晴れということですので楽しみにしたいと思います。


【Students’ Voices】
 今日はマラエ村に行き、男子はハカ、女子はマオリの歌やダンスを教わり、最後に披露しあいました。難しかったけれど楽しかったです。放課後はホストファーザーとビーズショップに行き、ブレスレットを作りました。ニュージーランドをイメージして作ったので良い思い出になったと思います。明日はフェアウェルパーティで、バディと会える最後の機会なので沢山話して思い出をいっぱい作りたいです。              (1年生Fさん)

 今日はマオリ族の文化の日でした、マオリの人は鼻で挨拶をするらしく少し緊張しました。その後同じ学校のマオリの人たちにマオリの歌とダンスを教えてもらいました。ポイを使ってのダンスはとても難しく、何度も教えてもらいました。最後に各グループで発表をした後、マオリの人たちの歌とダンスを見せていただきました。異文化に触れることができてとても楽しかったです。                          (1年生Fさん)

120730h_nz01.jpg

120730h_nz02.jpg

120730h_nz03.jpg

120730h_nz04.jpg

120730h_nz04.jpg

120730h_nz06.jpg

120730h_nz07.jpg

120730h_nz08.jpg

120730h_nz09.jpg

120730h_nz10.jpg

過去の記事一覧へ戻る

このページの先頭へ