高校1年生 狂言鑑賞教室に行きました

 6月25日、高校第1学年は、大阪能楽会館において狂言鑑賞教室を実施しました。 本校では、狂言・歌舞伎・文楽と、学年をおって日本の古典芸能に触れる機会を設けています。

 狂言は、多くの生徒にとってなじみのないものでしたが、解説を聞くことで少し狂言の世界が分かった ようでした。そして、上演された素晴らしい喜劇に自然と笑いが起き、とても楽しんでいました。
 また、本校生徒4名と教員1名が舞台に上がり、狂言の演技を体験させて頂き、 会場は大いに盛り上がっていました。

 今までに触れる機会があまりなかった狂言でしたが、実際に鑑賞し、生徒自身が体験することで、 少し身近に感じることができたようでした。

〔生徒の感想〕
 一生に一度立てるか立てないかの舞台に立って、さらに演技をすることができたのは、 本当に貴重な体験でした。最初は緊張したけど楽しかったです。
(B組 男子)

 初めて狂言の舞台に上がって思ったことは、観客の顔がよく見えるということでした。 実際に狂言を演じてみると、台詞が難しくて大変でした。
(F組 男子)

 僕は狂言を見るのは初めてでした。中学のときに歴史の授業で勉強して「狂言」という言葉を 覚えていたくらいです。しかし、実際に狂言を見て、舞台で体験して、狂言をよく知ることができ、 狂言が僕の思っていたより面白いものだと分かり本当に良かったです。
(H組 男子)

 (舞台に立って)とりあえず本当に恥ずかしかったです。舞台に立つまで何も知らされていなかった ので、「狂言をする」と聞いて少し驚きました。ですが実際やってみると、意外と面白くて、とても 良い経験ができたと思います。
(I組 女子)

過去の記事一覧へ戻る

このページの先頭へ