ニュージーランド海外英語研修13日目

8月11日(木)第13日目

 「マリアマリアーマリアーマリアーマリアーチャチャチャ♪」
 突然どうしたって? ご心配なく。これは今朝Girlsが見せてくれた遊び歌です。単純な遊びですが、とても楽しそう。なんでも今は花いちもんめ英語版の開発に取り組んでいるのだとか。今のところ完成しているのは
“We win happy Hanaichimonme! We lost unhappy Hanaichimone”(勝って嬉しい花いちもんめ 負けてくやしい花いちもんめ)
 までだそうです。うーむ…。果たしてNZ滞在中に完成するのでしょうか。

 今日のGirlsの英語の授業は、飲食店シミュレーション。メニューを作って、ウェイトレスとお客に別れてのロールプレイです。寿司屋の設定の生徒は、メニューを作りながら、「お寿司食べたい、日本に帰ったら絶対みんなでお寿司を食べに行こう」なんて言っていました。余談ですが、こっちのお寿司屋さんには、エビフライの握りとか、エビチリの握りとか、魚フライの握りなどがあります。というよりもそういう我々からすれば珍妙なネタの方が当たり前で、生魚の握りはほとんど見当たりません。お寿司屋さんの数は多いのですが…。それはさておき、ロールプレイを見ていると、みんな発音が巧くなっているなというのがよく分かります。
 そうこうしているうちに、休み時間。バディが迎えに来て、恒例おやつタイムです。散り散りになった生徒たちを探して校内をうろうろしていると、面白い場所がありました。何が面白いのかというと、最上級生以外立ち入り禁止なんです。関大一高にはそんな場所ありませんから、興味津々で中に入っていくと、なんとちゃっかり関大一高Girlsがお邪魔しておやつを食べていました。バディが最上級生だから入れてもらえたようです。なんとなく得した気分?

 続いてBoysの方を見に行ったら、こっちはみんなでトランプゲームをしていました。ニュージーランドのゲームらしく、神経衰弱のように裏返したカードを一枚めくって、そのカードが何かによって、いろいろな指示があるようです。ルールを聞いたら、「簡単には説明できません!」と一蹴されてしまいました。なんとつれない…。結局見ていても、何がどうなったら負けなのかよく分からないままでしたが、まあなんとなく楽しそうではありました。

 午後からは男女一緒にIndoor Rock。これは要するに室内版ロッククライミングです。よくテレビなんかで紹介されるのでご存じの方も多いでしょうが、カラフルな突起がいくつもくっついている壁を手足だけでよじ登っていく遊びです。もちろん命綱が付いているので安全です。傾斜が付いていて登りやすいものから、垂直の壁、逆に反り返っている壁なんかもあって、腕力・体力に合わせてチャレンジをしていきます。最初のうちこそ入門用のところにみんな群がっていましたが、やはりやっているうちにチャレンジ精神が刺激されるのでしょう、みんなどんどん難易度の高い壁にチャレンジしては、一喜一憂していました。男子が失敗した壁を登り切る女子もいて、なかなか見応えのあるアクティビティでした。何より、最も難しい壁に挑戦している人をみんなで応援したりしていて、改めてこの一団の仲の良さがうかがえたのが良かったですね。この旅行の引率は初めてなのであまり大きな事を言うと今までの引率の先生方に怒られるかもしれないのですが、あえて言いましょう。今年のメンバーの一体感は、歴代最高ですよ。きっと。

 さて、みんなずいぶん張り切って登っていたので、もれなく全員の両腕は乳酸地獄に見舞われていることでしょう。明日の筋肉痛を覚悟して、今日はゆっくり休んでください。明日からはファームステイが待っています。

【Student’s Voices】
 今日は午後からインドアロッククライミングをしました。一番上まで登り切った時の達成感は気持ちよかったです。でも腕の筋肉がパンパンになりました。また日本でもやりたいです。夜には、バディが生徒会なので、オープンスクールに行きました。皿洗いなどの手伝いをしました。日本とは違い、とても優雅で華やかでした。(1年女子Kさん)

 Afternoon Teaにチョコレートケーキとジュースを、ホストマザーと友達と私で食べました(^^) NZに来てから、私は食べる量がとても増えました。その後、私は友達とNZの生徒と一緒に折り紙で鶴や花やボールなどを折って遊びました♪ それらを校長先生にプレゼントしたら、とても喜んで下さったので嬉しかったです☆★(1年女子N.Mさん)


110811h_nz01.jpg
110811h_nz02.jpg
110811h_nz03.jpg
110811h_nz04.jpg
110811h_nz05.jpg
110811h_nz06.jpg
110811h_nz07.jpg

過去の記事一覧へ戻る

このページの先頭へ