ニュージーランド海外英語研修4日目



  8月2日(火) 第4日目


 最初のホームステイの夜を、生徒たちはどのように過ごしたのでしょうか。そして、今日からは男子はネイピアボーイズハイスクールで、女子はヘイスティングスガールズスクールで授業を受けることになります。授業初日をどのように迎えるのか、とても気になります。そこでまずは朝一番にヘイスティングスガールズスクールに行ってみました。
ちょうど授業が始まる直前に到着したので、授業前の様子を見に教室の方へ向かいました。女子のみんなが待機している教室に入ると、「なんか安心した-」との声が。やはりホームステイ最初の夜は、コミュニケーションの面でなかなか苦労した人が多かったようです。でも、それは今までの先輩たちも超えてきた壁。そして間違いなく今回のみんなも乗り越える力を持っているはず! この研修の終わりの頃には、「なんであんなに不安だったんだろう?」と笑い話のように話せているはずです。しっかりがんばれよ、関一Girls! コミュニケーション以外にもやはり食事の事や寝る時間の早さに対する戸惑いがあるようですが、これはいい異文化の勉強ですね。自分にとっての当たり前が、他人にとっては当たり前で無いと知ることは、とても大切です。良い勉強ができています。そうこうしているうちに授業が始まったので、しばらく様子を見てから、もう一方のネイピアボーイズへ、関一Boysの様子を見に行きました。



 ネイピアでは、もう授業が始まっていたので、そっと入って様子を見ていました。英語で自己紹介をしていましたが、ちょっと声が小さくて元気が無い人が多かったように思いました。持ち前の元気良さを発揮してほしいところですね。しばらくして生徒たちと話をする時間が取れたのですが、やはりGirlsと同じような戸惑いがあるようです。また、ホストファミリーが飼っている犬にじゃれられて、いきなり噛みつかれるという手荒い歓迎(?)を受けた人もいました。それはさておき、Boysは全体的にシャイな人たちが多いので。そこを乗り越えることが一つの課題かな、と思っています。



 午前の部はこのように、それぞれ自己紹介や、今後の授業の説明で終わりました。そして午後からは学校を離れ、男女が合流してのアクティビティ。今日は羊の毛刈り見学です。街の外れにあるWool Worldという所にお邪魔しました。ここでは、羊に触れたり、牧羊犬が羊をコントロールするデモンストレーションが見られたり、子羊を抱かせてもらえたりと、新鮮な体験が目白押しでした。特に子羊は大人気で、みんな代わる代わる抱いて写真を撮り、わいわいと楽しみました。抱っこしている間に子羊がおしっこをして手を汚されてしまった生徒もいて、笑いが絶えませんでした。メインの羊の毛刈りには、一頭の毛をたった2分弱ですっかり刈り取るそのあまりの手際の良さに、一同感嘆の声を上げざるを得ませんでした。また刈りたての毛を触らせてもらったり(脂でベタベタしているとはしりませんでした)、道具を触らせてもらったりと、NZならではのアクティビティでした。

 アクティビティ終了後、生徒たちは再び学校に戻り、各ホストファミリーのお迎えの元、帰宅します。やはり心細そうな表情を浮かべていましたが、こちらは笑顔で送り出しました。もうすぐ、お互い笑顔で一日のさよならの挨拶ができる日が来ます。それまではがんばろう!

 


 [Student’s Voices]


今日は初めての学校! ドキドキしながら行ってきました。知らない人でもすれ違うときに”Hi”とフレンドリーに接してくれて安心したし、すごく嬉しかったです。午前中は英語の授業で午後からはみんなで牧場へ行きました。子羊をだっこしたり、羊にえさをあげたりしました。初めてのことだらけですっごく楽しかったです\(^o^)/ (1年女子Iさん)



 今日は初めてNZの学校へ行きました。いろんな人があいさつしてくれて嬉しかったです。お昼からみんなでファームに行きました。いっぱい羊がいました。子羊を抱っこさせてもらったり、羊毛を目の前で刈ってくれたり、素敵な体験ができました。夕食はお隣に住んでいる老夫婦も一緒に食べました。話を聞くのにせいいっぱいだったけど、楽しかったです。(1年女子Nさん)

110802h_nz01.jpg
110802h_nz02.jpg
110802h_nz03.jpg
110802h_nz04.jpg
110802h_nz05.jpg
110802h_nz06.jpg
110802h_nz07.jpg

過去の記事一覧へ戻る

このページの先頭へ