ニュージーランド海外英語研修1日目

  7月30日(土) 1日目


 朝起きると、夏の青空。今日も暑くなりそうな、そんな当たり前の夏の1日。しかし関大一高の16名の生徒たちにとっては、特別な1日。そう、ニュージーランド海外英語研修への旅立ちの1日がついに訪れました。



 午前9時。関西国際空港には16名の生徒たちと見送りのご家族・関大一高の教員が集まりました。大きな荷物を転がしながら、すでに楽しそうな表情を浮かべる生徒たち。そしてそれをにこやかに見守るご父兄の表情が、なんともいえずほほえましく感じられました。



 ひとしきりの挨拶や雑談にいそしみ、一段落ついたところで荷物を預けに全員でぞろぞろとカウンターへ。ここでいきなりのサプライズ。なんとテレビ局から、本校の生徒1名がインタビューを受けました。テレビ局の方々はおそらく夏休み最初の土日ということで、海外旅行に出かける人たちの取材に来られていたのでしょう。マイクを向けられた生徒が喋っている最中、ほかの生徒たちはみんなその様子を自分のカメラに収めるという不思議な状況となっていました。はたしてあのインタビューは放送されたのでしょうか?

 荷物を預け、校長先生からご挨拶をいただき、出国ゲートへ。ご家族とも3週間とのお別れです。ご家族のみなさんは、みんな満面の笑顔で手を振って見送ってくださいます。それに対して生徒たち(特に男子)は何とも気恥ずかしそうに、うつむきがちになりながら進んでいきます。でもきっと心の中で「いってきます」と力強く答えているのでしょうね。

 ゲートをくぐればあとは飛行機に乗るだけ。しかし初日はこの移動が大変なのです。簡単に行程を説明しましょう。

 11:00  出発

 17:40  クアラルンプール(マレーシア)到着。

      到着後約5時間乗り換え待ち。


 22:20  クアラルンプール出発

 翌8:20 オークランド(ニュージーランド)到着。


 いかがでしょう。なかなか大変なのが分かっていただけますでしょうか。生徒たちも口々に「この移動大変やな…」とか、「マレーシアで5時間も何したらええんやろ…」とか「最初の飛行機はまだええけど、2回目の飛行機10時間て…」とネガティブ発言を繰り返していましたが、結局機内で映画を見たり、ゲームをしたり、宿題をしたり、寝たり、乗り換え待ちの間はクアラルンプール空港では空港内を散策したり軽く御飯を食べたり、お土産屋さんをのぞいたりしているうちに何だかんだで思いの外疲れを感じないままにニュージーランドに入国できてしまったのでした。体調を崩さないかと心配していたのですが、みんな元気元気。今年の参加者のみんなは、ほんとにタフです。そして何よりみんな仲が良い! なんだかすでに素晴らしい研修になりそうな予感がしています!


 [Student's Comments]

 1日目、この日はずっと飛行機の日でした。関空を出て6時間弱でクアラルンプールに着きました。その飛行機内では、皆映画を見たりゲームをしていました。飛行機にこんな設備がついているなんて思ってもいず、あっという間に過ぎていきました。そしてNZへの飛行機に乗り、僕はすぐ寝ましたが、完走していて喉がカラカラになってすぐ起きてしまいました。湿気も大事!!(2年Oくん)


 記念すべき1日目です。飛行機に6時間乗り、空港で4時間待ち、飛行機で10時間飛んでもうくたくたです。待ち時間では友達とトランプやUNOをして遊びました。今日は機内泊だったので夕食が出ました。ご飯はパサパサだったけれど、他の料理はおいしかったです。そして、ゲームや新作の映画を見ながら飛行機内を過ごしました。(2年Kくん)

110730h_nz01.jpg
110730h_nz02.jpg
110730h_nz03.jpg
110730h_nz04.jpg
110730h_nz05.jpg

過去の記事一覧へ戻る

このページの先頭へ