株式会社村田製作所の出前授業を受けました。

 11月24日(水)の午後に高校2年生の理系コース対象に、株式会社村田製作所の出前授業を行いました。
 はじめ、会社の概要の説明があり、そのあと、CMでも有名な自転車を運転するロボット「セイサク君」について、自転車に乗ったまま静止しても倒れない、また、平均台を落下せずに進めるといった、様々な機能の原理や開発の経緯の説明を受けました。
 そのあと、実際に「セイサク君」が平均台をゆっくりと運転する様子を見せていただきました。
 生徒たちは、熱心に授業を受けていました。
 この授業を通して、エンジニアという職業を肌で感じ、ものづくりの楽しさ、むずかしさを、少し垣間見ることができたように思います。

生徒感想
 陶器を作っていた会社が、その技術を応用して、現代の精密機器には欠かせない部品を作り始め、今や世界のトップのシェアを持つ大企業にのぼりつめたという、村田製作所の技術力の高さに驚きました。
 「セイサク君」はかわいらしいパフォーマンスをして僕たちを楽しませてくれました。しかし、その動きの中に、すごい技術がかくされていることが、説明を聞いていて、わかりました。難しくてよくわからないところもあったけれど、とても勉強になってよかったです。(2-J男子)

101124h_murata01.jpg
101124h_murata02.jpg
101124h_murata03.jpg
101124h_murata04.jpg

過去の記事一覧へ戻る

このページの先頭へ