Ara Institute of Canterbury(クライストチャーチ工科大学)

https://www.ara.ac.nz/

■所在国・地域:ニュージーランド

■所在地: (City campus) 130 Madras Street, Christchurch, New Zealand

  • ■本学と結んでいる協定:
  • 基本協定
  • ■実施プログラム:
  • 認定留学推奨校

■経歴

1906年 クライストチャーチ工科大学設立

2016年  アオラキ工科大学と合併し、Ara Institute of Canterburyとなる

(日本名はクライストチャーチ工科大学のまま)

■特徴

クライストチャーチ工科大学は、人口31万人を有するニュージーランドの南島最大の都市クライストチャーチに位置する国立の総合工科大学である。特に健康・ICT・ツーリズム・サステナビリティの分野でカンタベリー地方にさらに貢献する高等教育機関となることを目的として、2016年ティマル市に位置するアオラキ工科大学と合併し、Ara Institute of Canterburyとなった。同校は南島最大の職業教育機関であり、在学中にインターンシップを受けることができるなど、幅広い分野で職業に関する専門知識と応用技術を身に着ける教育を実施しており、卒業生はそれぞれの分野で活躍をしている。全学生数の内、現在約7%を約50カ国からの留学生が占め、日英バイリンガルを含む各国の留学アドバイザーが常駐しているなど留学生の受け入れ態勢が整っており、また語学自習センターや各種施設が設置され、学習体験を充実させる環境が整備されている。

■規模

総学生数:約25,000名

(フルタイム、パートタイム、短期、長期、すべてのタイプのコースを合わせた人数)

その内、学部生:約20,000名、大学院生:約5,000名

全体で、留学生 約1,700名

教員数:約480名、事務職員数:約490名