Yangon Technological University(ヤンゴン工科大学)

http://www.ytu.edu.mm/

■所在国・地域:ミャンマー連邦共和国

■所在地: Insein Township Yangon Myanmar

  • ■本学と結んでいる協定:
  • 基本協定

■経歴

1924年 YTUの前身であるDepartment of Engineering を University of Rangoon(Yangon)に設立

1927年 B.O.C.College of Mining and Engineering に移行

1947年 Faculty of Engineering に昇格。名前を Government University に変更

1964年 キャンパス移動(1961)後、独立した大学組織として the Rangoon(Yangon) Institute of Technology (RIT/YIT) に改名

1998年 The Ministry of Science and Technology の管理下に行こう(1997)された後、Yangon Technologival University に改名

■特徴

YTU はもともと1924年にヤンゴン大学に新設された工学部が前身で、独立後の1961年に現在の場所に独立した大学として移転(当時の名称は Rangoon Institute of Technological University)に変更された。現在の主要建物、1958年から1961年の間にソ連の支援で建設されたものなので、8つの建物は廊下でつながっている。この建築形式はその後の工科系大学のモデルになっている。学部は18あり、最も古い土木工学部をはじめ、建築学部、機械工学、メカトロニクス、電子工学、情報技術・化学・繊維・鉱物・材料・電力・石油・バイオなどの学部がある。

■規模

学部生:約1,140人、大学院生:約650人、教職員:約300人、事務職員:約200人

 

ヤンゴン工科大学の図書館は、2000年に新しい建物に移動しリニューアルされ、内部には閲覧室、参照セッション、書庫及びインターネット室を備えている。蔵書として、書籍、ジャーナル、資料など計5万点を所蔵している。