Dongguk University(東国大学)

http://www.dongguk.edu/mbs/en/

■所在国・地域:大韓民国

■所在地: 30 Pildong-ro, 1-girl, Jung-gu, Seoul, Korea

  • ■本学と結んでいる協定:
  • 基本協定

■経歴

1906年   Myungjin School設置 

1946年 Dongguk Collegeに名称を変更 

1953年 総合大学へ昇格 Dongguk Universityへ再び名称を変更

■特徴

東国大学は、大韓民国ソウル特別市に位置する禅宗の曹渓宗立の仏教系総合大学で、国内でも有数の大規模校である。1953年に総合大学に昇格し、1978年に慶州キャンパスを設立した。現在ソウルキャンパスには11学部、慶州キャンパスには9学部を有する。仏教学部は韓国内でも特に有名で、キャンパス内にお寺や仏像があり、僧侶の姿も見かける。ソウルにあるキャンパスは、明洞や東大門から徒歩で行くことができる便利な立地にありながら、大学周辺は静かで落ち着いた環境が整っているため、集中して勉学に打ち込むことができる。

■規模

両キャンパス合計  学部生:約20,000人、大学院生:約3,750人、教員数:約880人 

図書館:ソウルキャンパスにあるCentral Libraryは、地下2階地上3階建てになっており、東洋書や西洋書、仏教関係の資料等が取り揃えられている。館内には閲覧室の他、学習室やマルチメディアルーム、視聴覚室などが完備されている。また、館内ではDVDの鑑賞が可能で、韓国語、英語、日本語の映画等が揃っている。慶州キャンパスにある図書館は1982年に建設され地下1階地上4階建て、総面積1万1900平方メートルを誇る。学習席が約2,000席あり、蔵書は約630,000冊、雑誌約5,000種類が所蔵されている。