社会学部 TIMELINE

ほぼ、毎週更新!リアルな社会学部の「今」をお伝えします。


2021.09.21

「ミード先生、蘇る」

タグ

社会学専攻  / お知らせ

 2021年9月にG.H.ミードの『精神・自我・社会』がわたしの新訳でみすず書房から出版されました。これまで何度か翻訳出版されてきた本ですが、残念ながらどの1ページを開いても数行で混乱してしまい、ミードの言うことはわけがわからないと思い込んでいました。しかし、一方でミード先生の講義はシカゴ大学で多くの学生を惹きつける魅力的なものだったとも言われています。そのギャップをどう受け止めればよいのか。原文を丹念に読み込んでゆくと、これまでの翻訳には多くの誤解や不備があるように思えてきました。そうしてその誤解や不備をひとつずつ読みほぐし、先生がどのような講義をすれば、このようなノートになるのかを考えながら講義を再構成してゆくと、その講義はときにユーモラスに、ときに受講生の人生の機微に触れるトピックを交えながら、語りかけているようすが浮かび上がってきました。そこで、いままでミードの著作を読むことをあきらめていた人やこれからミードの思想を学ぶ人のためにミード先生による「思想の冒険」を届けたいとの思いで翻訳を決意したのでした。機会があれば、ミード先生の声に耳を傾けて、「わたしはどこからきたのか」「わたしの存在意義はどこにあるのか」「人間を理解するとはどういうことなのか」などの疑問について思いを巡らせてみてほしい。

(山本 雄二 教授)