法学部法曹コース

法曹コース

  • 1年次
  • 2年次

本学法学部では、法曹を志す学生(法科大学院進学や司法試験予備試験受験希望者)が、法曹という職業の社会的役割や使命を自覚し、進路選択のモチベーションを強化することを目的として、「法曹プログラム」を運営してきましたが、国の制度に則り、2019年度入学生から、従来の「法曹プログラム」を軸とした、「関西大学法曹コース」を設置することとなりました。

法曹コース履修者イメージ(学部3年+大学院2年の場合)

法曹コース履修者イメージ(学部3年+大学院2年の場合)

法曹コース修了のメリット

1司法試験受験までの時間的・経済的負担の軽減

「関西大学法曹コース」の修了に加えて、所定の要件を満たし、早期卒業を認められることにより、学部3年+大学院2年の段階的・一貫的な学習が可能となり、司法試験受験までの時間的・経済的負担が軽減されます。

2法科大学院「特別選抜入学試験」への出願資格獲得が可能

「関西大学法曹コース」の修了に加えて、所定の要件を満たし、早期卒業を認められることにより、学部3年+大学院2年の段階的・一貫的な学習が可能となり、司法試験受験までの時間的・経済的負担が軽減されます。

※【本学法科大学院が実施する特別選抜入学試験】
「5年一貫型教育選抜」:論文試験を実施せず、書類審査の得点(学部時代の成績を重視)及び面接試験の得点の合計点により合否を判定
「開放型選抜」:書類審査、論文式試験(法律科目)の得点および面接試験の得点の合計点により合否を判定

「関西大学法曹コース」と「法曹プログラム」との関係

法曹コースを修了するための第一段階として、法曹プログラムが設けられています。法曹コースの骨格となる基本的な科目を体系的に履修することができます。法曹コース受講者で、法曹プログラムの修了要件を満たしたものを「法曹プログラム修了者」として認定します。さらに、法曹コース修了要件を満たすことができた場合は、「関西大学法曹コース修了者」として認定します。なお、ともに、成績証明書にその旨記載します。

法曹プログラムについて