ニュース

全般ニュース

2024年02月05日

大阪国際女子マラソンで前田穂南選手の走行動作をAIで解析、関西テレビで放映

総合情報学部田中研究室のマラソン解析チームは、関西テレビとの協力のもと、2024128日に開催された大阪国際女子マラソンにおいて、有力選手の走行動作を人工知能(AI)で分析しました。

日本新記録を樹立した前田穂南選手をはじめ、松田瑞生選手、佐藤早也伽選手の3選手の速度、ピッチ(歩数)、ストライド(歩幅)をリアルタイムで解析し、その結果を中継で放送しました。

田中成典教授らは、1年半前から関西テレビと共同でマラソン解析チームを設立。中継映像からランナーの動作を解析する技術を開発しました。

今回のマラソン中継で、初めて、マラソン選手にとって重要な要素である速度、ピッチ、ストライドをリアルタイムで表示しました。

関西大学総合情報学部・関西大学大学院総合情報学研究科

田中研究室 マラソン解析チーム

田中成典(総合情報学部)、鳴尾丈司(先端科学技術推進機構)
山本雄平(環境都市工学部)、中村健二(大阪経済大学)
岩本達真(博士課程後期課程1年次生)、森泰斗(博士課程前期課程2年次生)
青木大誠(博士課程前期課程2年次生)、大上航平(同2年次生)、飛田和輝(同2年次生)
久保田凌平(学部4年次生)、白崎ゆり子(学部3年次生)

240128_大阪国際女子マラン写真1.jpg240128_大阪国際女子マラン写真2_エンドロール.jpg

このページの先頭へ