KANSAI UNIVERSITY

新着情報
HOME > 新着情報 > 記事詳細

新着情報:記事詳細

2016.04.18 「平成28年熊本地震」について

 「平成28年4月14日発生の熊本地震」におきまして被害を受けられた皆さまへ心よりお見舞い申し上げます。

 ボランティア活動を検討している本学の学生・院生の皆さんへ
  本学学生でボランティア活動を検討している人は、まずボランティアセンター又は
各キャンパスのオフィスに相談に来てください。
  
災害ボランティア活動に参加する場合は、最新のボランティア活動状況や被災地に
関する十分な情報、そして活動する際の心構え等を知ることが必要です。また、身体的・精神的な安全確保の意識を持って参加することが大切です。

 熊本県社会福祉協議会がホームページにて発信されている
【4月18日付 災害ボランティア情報】に関して掲載します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
・現在、被災地では「人命救助」の作業が優先されています。
被災地はまだ大きな余震が続いており、一部損壊や半壊の家屋では崩壊等の危険な状態が続いています。
また、被災地では、各地から応援に駆けつけた自衛隊・警察・消防等により、連絡が取れない方々の人命にかかわる捜索活動が行われています。
被災者の救命活動を行っている警察・消防等の緊急車両や、自衛隊による給水等の支援車両が家屋崩壊や橋梁の破損、段差等により通りづらくなっている道路に列をなして活動が続けられています。
被災者の救命と生活復旧を最優先にする必要がありますので、さらに大勢の車が渋滞に拍車をかけることは避けなければなりません。
現在、被災地の社会福祉協議会では、被災者が日常生活を取り戻せるように、また、被災者支援のために全国から駆け付けるボランティアを結びつける災害ボランティアセンターの立ち上げに向けて全力で取り組んでいます。
よって、被災地でのボランティア活動の募集については、人命救助の次の段階となるボランティア募集に案内ができる状況になり次第お知らせします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
以上のことから、本学ボランティアセンターとしましても被災状況に係る情報を整理し、どのような支援の在り方が適切かについて検討を重ねたいと考えています。被災地が混乱状況にある今は、本学ボランティアセンターとしても被災地での活動は控えていただきたいと思います。
※九州地方に限らず「災害ボランティア全般」に参加する心構えに関しては当センターにて4月28日(木)に「災害ボランティアガイダンス」を実施いたします。
(参加申込受付中)
(リンク:http://www.kansai-u.ac.jp/volunteer/news/detail.php?a=00500)

関西大学ボランティアセンター




事務室時間帯 お問い合わせ サイトマップ 関西大学 ボランティアセンター