河田防災塾2018【初級編】

関西大学梅田キャンパス
8階 Me RISE ホール

  • まなびプラザ(公開講座)
  • 教養・文化

banner

"新"地球激動時代を迎え、「災害は忘れないうちにやってくる」という警鐘を鳴らすために、昨年度は自治体や企業の防災のプロ育成のための入門編として、減災・縮災対策全般にわたる基本知識を解説しました。

災害対応の基本は、災害のメカニズムを知る、どこで被害が発生するかを知る、そして災害対策を知る、の3つから構成されます。一方、西暦500年ころから災害史料が残っており、その解析から死者がおよそ千人以上の巨大災害は、地震、津波、洪水、高潮がそれぞれ20~30回発生し、土砂災害(犠牲者数が4桁に達することはないが、現在、平均年間千件以上発生)も全国的に発生する可能性があることから、本年度はこの5つの事象に焦点を当てることにしました。初めて体系的に防災を学ぶ方を対象とした「初級編」を開講します。

真剣に防災・縮災に取り組むためには、高度な最先端の知識を学ばなければなりません。過去に起こった災害は、必ず繰り返し起こります。国内外の災害現場経験が豊富な"世界"の第一人者がその機会を「初級編」として次の通り提供します。

河田防災塾2018~初級編~

防災の基本を理解することを目的とします。(※2017年度河田防災塾のダイジェスト版

4月26日「地震災害」

なぜ地震が起こるのか、そのメカニズムとは。活断層の地震とプレート境界地震の違い、地震に対する減災対策の特徴を示し、首都直下地震と上町断層帯地震の脅威を紹介します。

6月21日「津波災害」

なぜ津波が起こるのか、そのメカニズム、とくに2011年東日本大震災ではなぜ巨大な津波になったのか。避難することの大切さや津波のソフトとハードの減災対策や南海トラフ巨大地震の津波の特徴を説明します。

9月27日「洪水災害」

豪雨による川の氾濫の危険性や大雨時の市街地氾濫のメカニズム、とくに2016年鬼怒川氾濫の特徴と伝統的な洪水対策やそれが地球温暖化で破たんしている状況を紹介します。

11月29日「高潮災害」

台風やハリケーンによる高潮災害のメカニズムと脅威を紹介します。そして、川の氾濫との違いを理解しなければなりません。未曽有の被害に拡大する恐ろしさを紹介し、油断してはならないもっとも危険な災害であることへの理解を深めます。

1月24日「土砂災害」

身近な山や丘陵地に雨さえ大量に降れば、土砂災害(土石流、がけ崩れ、落石)は容易に起こることを理解します。土砂災害から身を守るためには、対策を立てる前に知識が必要なことを説明します。

講師
河田 惠昭(かわた よしあき)
【プロフィール】 関西大学社会安全学部・社会安全研究センター長・特別任命教授(チェアプロフェッサー)。工学博士。専門は防災・減災。現在、阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター長(兼務)のほか、京大防災研究所長を歴任。京都大学名誉教授。2007年国連SASAKAWA防災賞、09年防災功労者内閣総理大臣表彰、10年兵庫県社会賞受賞、14年兵庫県功労者表彰、16年土木学会功績賞、17年アカデミア賞受賞。現在、中央防災会議防災対策実行会議委員。日本自然災害学会長等歴任
参加方法

■受講対象者(募集枠)

①自治体・企業・地域団体・NPO等の防災担当者(75団体150名)

■下記お申し込みフォームよりお申し込みください。

※全回一括でのお申し込みとなります。(全5回分資料代おひとりあたり3,000円)

※全日程へのご参加を原則とします。

※原則として1団体につき1組2名でのお申し込みとなります。

>>>~初級編~全5回を申し込む【自治体・企業等】

②一般聴講者(50名)

■下記お申し込みフォームよりお申し込みください。

※全回一括でのお申し込みとなります。(全5回分資料代3,000円)

※全日程へのご参加を原則とします。

>>>~初級編~全5回を申し込む【一般聴講者】

ご注意事項

【初級編】
※講義内容は2017年開催「河田防災塾」のダイジェスト版に新情報を加えたものになります。
※受講料は無料ですが、全5回分の資料代として3,000円を徴収いたします。
(自治体・企業様の場合、2名分として1団体様あたり6,000円となります。)
※受講料は初回受講日に会場受付にて現金一括払いでお支払いください。
※定員に達し次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

会期期間
開催回数 「初級編」全5回
時間 各回19:00-20:40(休憩含む)
定員 【自治体・企業】150名
【一般聴講者】50名
料金 講義は無料(※ご注意事項を必ずご確認ください)
場所 関西大学梅田キャンパス
8階 Me RISE ホール
主催 関西大学梅田キャンパス
共催・協力 後援;朝日新聞社
問い合わせ先 06-4256-6410
その他

メールマガジンでイベント・セミナー情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

follow us

  • instagram
  • facebook
  • twitter