【開講日変更】河田防災塾2020 アドバンス編

関西大学梅田キャンパス
8階 Me RISE ホール

  • 関西大学オープンカレッジ 梅田MeRISE

banner

新型コロナウィルス感染拡大に伴い、当初発表していた日程から変更していますのでご注意願います。

"新"地球激動時代を迎え、「災害は忘れないうちにやってくる」という警鐘を鳴らすため、「河田防災塾」では、自治体や企業における防災のプロ育成のために減災・縮災対策全般にわたる知識について、過去3年間に渡って解説してきました。

2020年度は、これまで河田防災塾を受講された方を中心に、自治体・企業・地域団体の防災担当者を主な対象として、大学院博士前期課程レベルの内容の講義「河田防災塾2020 アドバンス編」を新たに開講します。

災害多発・激化時代に、国内外の災害現場経験が豊富な"世界"の第一人者が下記の6つの「災害論」をテーマに取り上げ、それぞれの災害の特質と縮災対策を講述します。

河田防災塾2020【アドバンス編】

1)7月30日「地震災害論」

2016年熊本地震や2018年大阪北部地震の被害の特徴と教訓を中心に、今後発生が予想されるわが国の地震災害の被害軽減をどのように進めるのか、それと同時に、阪神・淡路大震災の教訓などを風化させない方法などを論じます。

第2回以降の日程については以下の日程をベースに1日追加する形で再調整しております。決定次第Web掲載し、お申込みいただいた方にはメールにて通知いたします。

【現時点で確定している日程】
9月8日、11月12日、1月14日、3月11日

2)「津波・高潮災害論」

大阪湾のように、高潮と津波の脅威にさらされている状況下で、2018年台風21号をきっかけとして見直された計画高潮の概要と東日本大震災で導入されたL1およびL2津波との関係について論じます。

3)「洪水災害論」

2018年西日本豪雨や2019年台風19号災害などの被害の特徴を示し、今後のわが国の洪水対策のあり方を示すとともに、住民避難を促す災害文化の構築の必要性を論じます。

4)「土砂災害論」

土砂災害警戒区域や特別警戒区域に指定されると、雨さえ降れば災害が起こっても仕方のないことですが、住民の避難が必ず遅れます。とくにわが国で土砂災害がもっとも危険な広島県で一体、土砂災害対策のどこに問題があるのかを論じます。

5)「都市災害論」

都市で起こる災害は進化することを示し、人口減少と人口増加のいずれもが被害拡大要因となることを示し、現代社会が目指すダイバーシティ(多様性)とインクルーシブ(包摂性)な目標は、そのままでは災害に脆弱な社会になる恐れがあることを論じます。

6)「国家災害論」

国難災害を公助として、いかにして迎撃すればよいのかを示します。そして、結果的に組織的対応が不全で、迎撃できない場合、国が衰弱しないために、どのような自助・共助努力が事前に必要かを論じます。

参加方法

■受講対象者(以下の条件を両方満たす方)

・2019年度「河田防災塾」を受講済みの方または防災に関する実務経験に従事した経験があり、一定の知識がある方
・自治体・企業・地域団体・NPO等の防災担当者
※一般の方はアドバンス編にはご参加いただけません。

◇下記お申し込みフォームよりお申し込みください。

  • 新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、不開講にする場合があります。その際にはお申込者に対して速やかにお知らせいたします。
  • ■新型コロナウィルス拡大に伴う大学の方針、災害や講師の急病等の突発的事項により、やむなく休講する場合があります。その場合は原則として別日程での補講、またはオンライン等にて行なうこととし、 資料代の返金は行いません。
  • 補講日程については使用教室の関係上、主催者側で決めさせていただきます。
    また、補講日程の調整がつかない場合は欠講する場合もありますが、その際には資料郵送にて対応いたします。 このような不測の事態の場合は、メール配信にてお知らせいたします。
  • ※複数名まとめてのお申し込みは受け付けておりません。1フォームにつき、おひとりずつのお申し込みをお願い致します。ご了承願います。
  • ※全回一括でのお申し込みとなります。(全6回分資料代として10,000円)
    ※全日程へのご参加を原則とします。

b_mb_150_60.gif
お申し込み受付は終了いたしました

※一般聴講者のお申し込みは受け付けておりません。

講師
河田 惠昭(かわた よしあき)
【プロフィール】 関西大学社会安全学部・社会安全研究センター長・特別任命教授(チェアプロフェッサー)。工学博士。専門は防災・減災。現在、阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター長(兼務)のほか、京大防災研究所長を歴任。京都大学名誉教授。2007年国連SASAKAWA防災賞、09年防災功労者内閣総理大臣表彰、10年兵庫県社会賞受賞、14年兵庫県功労者表彰、16年土木学会功績賞、17年アカデミア賞受賞。現在、中央防災会議防災対策実行会議委員。日本自然災害学会長等歴任
ご注意事項

【アドバンス編(自治体・企業・地域団体の方のみ受付)】
※受講料は無料ですが、全6回分の資料代として10,000円を徴収いたします。
※資料代は初回受講日に会場受付にて現金一括払いでお支払いください。
※定員に達し次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

会期期間
開催回数 6
時間 19:00開講(18:30開場)
定員 【自治体・企業】150名
料金 10,000円 (全6回分の資料代金として)
場所 関西大学梅田キャンパス
8階 Me RISE ホール
主催 関西大学梅田キャンパス
共催・協力
問い合わせ先 関西大学梅田キャンパスオフィス
06-4256-6410
その他

メールマガジンでイベント・セミナー情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

follow us

  • instagram
  • facebook
  • twitter