KANSAI UNIVERSITY

障がいのある学生に対する修学支援窓口

聴覚障がい学生の支援

聴覚障がいとは

 音をきく、または感じる経路になんらかの障がいがあり、話し言葉や周囲の音がきこえなくなったり、ききづらくなる状態を「聴覚障がい」といいます。
 聴覚障がいのある学生は、話し言葉のきき取りに困難を示すことが多いため、大学生活においては授業中に先生の話がわからないなどの問題が生じます。
【参照】教職員のための障害学生修学支援ガイド(平成26年度改訂版) 日本学生支援機構

障がいのある学生からの質問

Question授業中の先生の説明や周りの学生の発言をきき取ることができません。
関西大学の支援メニューを教えてください。

Answer支援内容については、学生相談・支援センター、所属学部、関係部署のスタッフ等を交えた面談のうえで決定されます。聴覚障がいのある学生に対して、関西大学では主に以下のような支援を行っています。

支援メニュー

ノートテイク

 話の内容やその場で起こっていること(学生の発言や教室内の状況まで)を文字にして伝える筆記通訳のことです。話している内容の30~50%を伝えることができるといわれています。手書きで要約しながら書くので情報量は限られますが、特別な機材の必要がなく、数式や図表、グラフ等が使用される授業に適しています。

パソコンテイク

 話の内容やその場で起こっていること(学生の発言や教室内の状況まで)をパソコンに打ち込んで伝えます。2台のパソコン(2人の支援者)で連携して音声情報を文字にします。
 話している内容の60~80%を伝えることができるといわれています。ほぼリアルタイムで音声情報が文字化され、情報量が多いのが特徴です。

字幕付け

 DVD教材に字幕を挿入します。

文字起こし

 DVD教材の音声情報を文字データにします。

支援メニューを利用している学生の声

学生生活を充実させたいなら、学生相談・支援センターへ!

文学部 Mさん

 高校3年生のときに担任の先生から、関西大学には学生相談・支援センターがあるから、そこで相談して、授業の支援をお願いしたほうがいい、とアドバイスをいただきました。先生から説明を受けていたので、支援制度を利用するにあたって、特に困難や不安を覚えるようなことはありませんでした。
 ノートテイクやパソコンテイクの支援を受けていますが、どの授業もおもしろく、学生生活全体が充実していると感じます。また、学生支援スタッフの皆さんはとても優しく接してくださり、授業以外のことについても相談できるなど、人と人とのつながりが深まったと感じる機会も多く、支援を受けてよかったと心から思います。支援にかかわってくださる方々とつながりを持つことは、学習だけでなく、その他の学生生活においても大きな助けになります。支援を受けることに抵抗を感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、話を聞くだけでもいいので、学生相談・支援センターを訪ねてみてください。
 現在の目標は、できるだけ多くの文学作品に触れて、世の中にあるさまざまな考え方や物事の見方をつかみ取り、自分の視野を広げることです。卒業後は、文学作品に携われるような職業に就きたいと考えています。

周囲の人に知っておいてほしいこと

 聴覚障がいは外見上わかりにくい障がいであり、他の人からは気づかれにくい面があります。まったくきこえない人や、近くの音声ならきこえる人など、障がいの程度はさまざまです。

コミュニケーションの方法

 聴覚障がいのある学生とのコミュニケーションには、口話(こうわ)、筆談、手話等の他、身振りなどさまざまな方法を用いることができます。一般的に「聴覚障がい=手話」と思われがちですが、高校まで特別支援学校以外の学校で教育を受けた学生の多くは手話を用いずに口話や筆談を主なコミュニケーション方法としていることも少なくありません。
 大切なことは、積極的にコミュニケーションをとろうとすること、内容が伝わったことを確認することです。
 手話については、学生相談・支援センター主催の手話講座を開催していますので、関心のある人は学生相談・支援センターにお問合せください。

ディスカッションやグループでの話し合いのとき

 複数の受講生が同時に発言すると、聴覚障がいのある学生は議論の内容を把握することが困難になりますので、発言の際は手を挙げてから発言するなど、発言者は誰かが視覚的にわかるように配慮する必要があります。また、発言する際は、できるだけ聴覚障がいのある学生に顔を向けて話すようにしてください。

聴覚障がいのある学生とのコミュニケーションで心がけてもらいたいこと

  • 音声だけで話すことはできるだけ避けて、視覚情報を併用してください。
  • 極端に早口になり過ぎないようにしてください。
  • 同時に複数の人が話さないようにしてください。
  • できるだけ顔を向けて話してください。