KANSAI UNIVERSITY

障がいのある学生に対する修学支援窓口

HOME > 障がいのある学生に対する修学支援窓口 > 障がいのある学生に対する修学支援窓口

障がいのある学生に対する修学支援窓口

 障がいのある学生が他の学生と同じように学べる学習環境の整備をめざして、「学生相談・支援センター」では「障がいのある学生に対する修学支援窓口」を設け、全学的な修学支援を行っています。障がい学生支援コーディネーターを配置し、障がいのある学生の相談に応じて各学部・研究科をはじめとする学内外の関係部署と連携しながら、組織的なサポートを行っています。なお、障がいのある学生に対するパソコンテイク、ノートテイク、点訳などの支援活動は、研修を受けた学生支援スタッフによって行われています。

修学支援制度の対象者について

 支援対象者は、本学に在籍する学部生で、学生本人が支援を受けることを希望し、かつ、学生相談・支援センター長がその必要性を認めた者としています。大学院生については、講義の内容が専門的になり、学部生を基本とした学生支援スタッフでは十分な対応が出来ないと考えられるため、可能な限りの支援を行うこととしています。科目等履修生、聴講生等については、ご相談ください。
 修学支援制度の利用を希望する場合は、学生相談・支援センターまで、ご相談ください。

教員のみなさんへ

 担当科目を受講している学生から相談があり、支援を希望している、また、支援等が必要と感じられた場合は、気軽にお問合せください。