関西大学 スポーツ振興グループ

KAISERS試合速報はこちら

  • 新着情報
  • 体育会部員の皆様へ
  • 事務室時間帯
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • HOME
  • 新着情報
  • 【テニス】全日本大学王座決勝で女子は筑波大に惜敗も初の準優勝!男子は近大破って3位

【テニス】全日本大学王座決勝で女子は筑波大に惜敗も初の準優勝!男子は近大破って3位

全日本大学テニス王座決定試合の決勝と3位決定戦が13日、愛媛県総合運動公園テニスコートで行われ、本学テニス部女子(関西第1代表)は初の決勝で筑波大学(関東第2代表)と対戦し、2−3(ダブルス1−1、シングルス1−2)で惜しくも初優勝はなりませんでしたが、同部初となる準優勝に輝きました。

男子は、関西学生リーグ戦で敗れた近畿大学(関西第1代表)と3位決定戦を戦い、5−4(ダブルス2−1、シングルス3−3)で見事にリベンジを果たして昨年に続き3位となりました。

「正直、悔しい気持ちで一杯。5試合中4試合がファイナルセットまでいってあと一歩のところで3本が取れなかったというのは、自分を信じることが出来なかった選手がいたのかなと思う」と初の準優勝にも悔しさをにじませた鎌田琴衣主将(社会学部4年)。「その中でも(これまでの)3位から2位に上がって(チームが)成長した部分を見せられたし、来年こそは後輩たちが金メダルを取ってくれると思う」。

前日の準決勝対慶應義塾大学戦に続いてダブルス1の大野菜々子(社会学部3年)・鈴木理子(文学部2年)が、筑波大学ペアを6−2、6−3のストレートで破ってまずは関西大学が先勝しました。ダブルス2の中塚桃子(人間健康学部3年)・中村天音(文学部1年)は第1セットを7−5で奪って第2セットも先にブレイクに成功。このまま第2セットもこの流れで押し切れるかと思われましたが、5−3で迎えた第9ゲームから4ゲーム連続で落として5−7でこのセットを奪われると、ファイナルセットも筑波大学ペアに3−6で落として1勝1敗でシングルスの戦いへと移りました。

「ダブルス2勝で(シングルスの試合が)来ても、1勝1敗で来ても自分がやることは決まっていたので勝つことだけを見ていた」と鎌田主将。シングルス2で鎌田主将は第1セットを6−4で奪って第2セットも5−3の1ブレイクアップと関東学生テニス選手権を制している筑波大学選手を土俵際まで追い詰めました。しかし、鎌田主将は第9ゲームと第11ゲームに2つのブレイクを許してこのセットはタイブレイクに。ディフェンシブな筑波大学選手を攻めあぐねて6−8でタイブレイクを落として、鎌田主将は本大会自身初とファイナルセットにもつれ込みました。

隣のコートで戦っているシングルス3の大野(菜)は関西大学で本大会唯一“単複”ともに出場しており、満身創痍でJOCオリンピックカップ優勝など輝かしい実績を持つ筑波大学選手と戦っていました。「鎌田さんと(シングルス1の)沈さんと一緒に戦える最後の試合となる。何が何でも勝ちたい」と筑波大学との決勝戦前日に語っていた大野(菜)。第1セットを4−6で落とした大野(菜)でしたが、この1年で力を伸ばしたシングルスで、確かな技術と強い気持ちを前面に出して第2セットを6−1で奪い返して関西大学を奮い立たせました。

奮闘する大野(菜)でしたがファイナルセットを1−6で落として力尽き、初優勝には絶対に負けらないシングルス2の鎌田主将は闘志をむき出しにギアチェンジ。3年生の敵を取らんと疲れの見える筑波大学選手を関西大学最上級生の主将が圧倒、ファイナルセットを6−1で奪って2勝2敗の五分に星を戻しました。「シングルス1の沈にしっかりとつなげることが出来て、私の役割を果たすことが出来た」と鎌田主将。優勝の行方はシングルス1の沈清河(法学部4年)に委ねられました。

会場の愛媛県総合運動公園テニス場のライトが点灯し、関西大学、筑波大学ともに初優勝をかけた伸るか反るかの一戦をスポットライトのように照らしていました。自分の試合で優勝が決まる―。関西大学の4年生・沈と1年生の筑波大学選手、ともに大きなプレッシャーを背負ってコートに戦っていたことは誰もが想像できることでしょう。

その重圧が最初にプレーに出たのは筑波大学のルーキーでした。サービスが入らずにダブルフォルトを連発していまい、第1セットの第2ゲームで沈が先にブレイクに成功。それでも関東学生リーグを制した筑波大学のシングルス1を張る1年生は、第9ゲームをブレイクしてこの試合タイブレイクに。互いに譲らない激しいストローク戦となりましたが、7−4で沈が制して、関西大学が初優勝へ王手をかけました。

大事な第2セット途中から試合を終えた鎌田主将がベンチコーチとして沈のサポートに入りました。先にブレイクを許して苦しい展開となってきた沈の戦いを最も近くで見ていた鎌田主将は「自分を信じること。そして、ボールを落としていたのでしっかりと中に入って打ち込むことを伝えた」。あと1セット取れば日本一になれる―。さらに大きくなったプレッシャーと初優勝への希望が入り混じる複雑な感情が沈の身体全体を包んでいました。第2セットは逆に沈のサービスが入らなくなり、このセットを3−6で落としてしまいました。

時を同じくして、本学男子は3位決定戦で近畿大学と反対側のコートで死闘を演じていました。関西大学はダブルスで2勝1敗と勝ち越して、迎えたシングルスでは2勝3敗と負け越して最後は今年の全日本学生選手権シングルスで準優勝した山尾玲貴(商学部3年)がシングルス1を戦っていました。

5−7、6−2で迎えたファイナルセットでは2−5と土俵際まで近畿大学選手に追い込まれた山尾でしたが、そこから死力を振り絞って怒涛の挽回を見せました。前日に行われた準決勝で早稲田大学に0−9で完敗し、是が非でも3位を死守したい関西大学の気迫が近畿大学を上回りました。山尾はタイブレイクを7−4で近畿大学選手を大逆転で破ると、大の字になってコートに倒れこんで喜びをかみ締めていました。「(主将を務めた)最後の1年は長く感じた」と上曽山拓実主将(人間健康学部4年)はこれまでのキャプテンとしての苦悩を思い出し、また主将としての重圧から解き放たれて涙しました。

戦いを終えた男子部員も沈の応援に駆けつけて、女子の優勝決定戦となったファイナルセットに大声援を送りました。これまでのストローク戦でいつも以上の力を出してきた沈は、第3セットのファーストサービスがなかなか入らずに苦戦しました。それでも、ここぞという時には相手のお株を奪うダウンザラインが決まり、第7ゲームまでブレイクゲームが続きました。

そして第8ゲームに筑波大学選手がこのセット初のキープに成功すると、第9ゲームにブレイクを許すと沈は呆然と立ち尽くしました。関西大学初の準優勝が決まる―。この時すでに時計の針は午後8時30分を越えていました。涙に暮れる沈に同級生の鎌田主将が声をかけました。午前10時から始まった女子決勝は10時間半にも及び、試合を見守った観衆から両チームに万感の拍手が送られて、両校の健闘を讃えていました。

関西大学初の準優勝。最後まで戦いを見守った関西大学の応援団に対して、悔しさを飲み込みながら鎌田主将は最後のメッセージを搾り出しました。

「優勝を目指していたので本当にこの結果はものすごく悔しいです。でも、初めてこの決勝の舞台に立って、来年につながることができたと思うので、来年こそはいいチームを作って優勝をしてもらいたいと思います。本当に後輩たちにこの決勝の舞台というものを、素晴らしいものを与えることができたかなと自分自身の中では思っています。後輩は全員頑張ってくれると思います」

4年生の果たせなかった「王座優勝」のタスキが3年生以下にしっかりと手渡されたに違いありません。

<初の準優勝女子鎌田主将と3位男子上曽山主将インタビュー動画を下記で公開中!>

【女子決勝および男子3位決定戦の試合結果】

<女子決勝:関西大学対筑波大学>
○ D1 大野(菜)・鈴木 6−2 6−3 千村・草野
× D2 中塚・中村 7−5 5−7 3−6 我那覇・阿部
× S1 沈 7−6(4) 3−6 3−6 阿部
○ S2 鎌田 6−4 6(6)−7 6−1 岩井
× S3 大野(菜) 4−6 6−1 1−6 千村

× 関西大学 2−3 筑波大学

<男子3位決定戦:関西大学対近畿大学>
○ D1 島田・高村 2−6 6−2 6−2  西岡・田口
○ D2 松田・山尾 4−6 6−3 7−6(4) 中屋敷・河野
× D3 上曽山・塩井 7−5 5−7 3−6  高木・恒松
○ S1 山尾 5−7 6−2  7−6(4) 松田
× S2 松田 3−6 3−6 松本
× S3 大植 6(4)−7 3−6 恒松
○ S4 大野(翼) 6−3 6−0 合田
× S5 高橋(勇) 6(6)−7 2−6 市川
○ S6 島田 5−7 6−4 6−3 田口

○ 関西大学 5−4 近畿大学

全日本大学テニス王座決定試合で関西大学史上初の準優勝に輝いた本学テニス部女子

近大にリベンジ果たして3位の本学テニス部男子と準優勝の女子。中央下の右は黒田監督、左は山本統括コーチ

【動画】全日本大学王座で初の準優勝に輝いたテニス部女子鎌田主将と3位の男子上曽山主将インタビュー
http://www.kansai-u.ac.jp/sports/media/IMG_kamata1013.MOV

新着情報一覧へ

このページの先頭へ