関西大学 スポーツ振興グループ

KAISERS試合速報はこちら

  • 新着情報
  • 体育会部員の皆様へ
  • 事務室時間帯
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • HOME
  • 新着情報
  • 【テニス】関西学生リーグ最終戦で近大に敗れて2位「10月の大学王座でリベンジ」

【テニス】関西学生リーグ最終戦で近大に敗れて2位「10月の大学王座でリベンジ」

ダブルス3試合、シングルス6試合の計9試合で争われる関西学生テニスリーグ戦の男子1部リーグ最終戦(第5戦)が10日、35度を越える猛暑日の中、江坂テニスセンターで行われ、これまで4戦全勝で2年ぶり6度目の優勝を狙った本学テニス部でしたが、同じく4戦全勝で昨年のリーグ戦を制した近畿大学に1−5(近畿大学の申し出により、勝敗が決したところで試合打ち切り)で敗れて、2年連続2位となりました。

関西大学は関西地区第2代表として、10月9日から15日まで愛媛県総合運動公園で行われる全日本大学対抗テニス王座決定試合に出場します。

「ダブルスで3−0、あるいは2−1を付けたかったところで、少し勝負どころでのミス、フォーメーションのミスが出て、そこを取り切れずに1−2になってしまった」と山本哲弘統括コーチ。「その状態で近畿大学に勢いを与えてしまって、近畿大学も素晴らしいプレーをして(関西大学が)押し切られてしまった」。

関西大学のダブルス1で、1年生の時からコンビを組む高村烈司(商学部4年)・島田達也(人間健康学部4年)が関西学生リーグ戦での集大成となる近畿大学戦に挑み、6−1、7−6(4)のストレート勝ちを収めました。

「相手はハードヒットの選手だったので、自分たちからストレートに展開して相手の足を止めてから自分たちの流れを作っていこうと思った」と島田。言葉通り、第1セットの第2ゲームでブレイクを奪って先制パンチを浴びせると、第6ゲームはラブゲームで2度目のブレイクに成功。完全に足が止まった近大ペアのお株を奪って高村・島田が6−1で圧倒しました。

逆に第2セットは、近畿大学ペアに先にブレイクを許す展開となりましたが、今年の全日本学生ダブルスで3位になるなど数多くの実績を残している4年生ペアは冷静でした。「先にブレイクをされても怯まなかった。逆に、リードされても相手にプレッシャーをかけていくのが自分たちのスタイル」と高村。第3ゲームで高村のリターンエースが決まってこのセット初めてのポイントを奪うと、このゲームをブレイクバック。互いにもう1つずつブレイクを取り合って、試合はタイブレークにもつれ込みました。

タイブレークでは、高村・島田が近畿大学ペアにかけつづけてきたプレッシャーが、ボディーブローのように効いて、相手のミスを誘いました。高村・島田がミニブレイクを先に許しはしたものの、高村の深いストロークでミニブレイクを奪い返すと、島田が2本のサービスをきっちりキープ。4−3で迎えた近畿大学の2本のサービスがダブルフォルトとなり勝負あり。高村・島田は関西学生No.1の意地を見せました。

「ダブルスでは僕たちは崩れてはいけないという責任もあって、リーグ最終戦では(勝つことでその責任を)果たせたことは良かったとは思う」と高村。「しかし、僕たちが勝つだけでなく、ダブルス2、ダブルス3に流れをもっていけなかったのが悔しい」。

関西大学ダブルス2の山中瑠樹亜(経済学部2年)・平川暉人(人間健康学部2年)が3−6、6(5)−7で敗れると、ダブルス3では8月の全日本学生選手権シングルスで準優勝の山尾玲貴(商学部3年)と、湘南工科大附高でインターハイシングルス4強入りを果たしているルーキー松田康希(同1年)のともにシングルスで実績のあるペアが6−3、4−6、5−7で逆転負けを喫しました。

ダブルスで少なくとも勝ち越して迎えたかったシングルス戦では、シングルス3で夏の関西学生選手権シングルスで準優勝したルーキー大植駿(文学部1年)が6−7、3−6で、シングルス5で高橋勇人(経済学部2年)が5−7、2−6で敗れて、関西大学は通算1−4となってあとがなくなりました。

そして、ダブルス1で戦った高村が出場したシングルス6では5−7、4−6で敗れて通算成績で1−5となったところで勝負有り。関西大学の関西学生王座奪還は叶いませんでした。

「全日本大学王座で日本一」−。本学テニス部を牽引する高村・島田の最上級生ペアは、1ヵ月後に迫る最終決戦へ揺るがぬ信念を持って挑みます。島田はこう話しました。

「今回(関西学生)リーグ優勝が出来なかったで、また一つ壁ができて、(日本一に)また高いハードルになったとは思うが、それを乗り越えていくだけのチーム力は今の関大にはある。その力をどれだけ引き上げられるかが僕たちダブルス1の役割の1つだと思っている。王座では早稲田大学を倒して優勝したい」

最後の王座挑戦となる島田と高村は、3年連続準決勝で敗れている早稲田大学へのリベンジ、そして初の日本一を果たして関西大学の歴史に新たな1ページを刻む覚悟を見せていました。

ダブルス1で勝利した高村(左)・島田ペア(関大スポーツ編集局提供)

試合前に選手たちにアドバイスを送る山本統括コーチ(右)

関西学生リーグ戦優勝を逸してうなだれる関西大学テニス部選手たち

【動画】近畿大学戦のダブルス1で勝利した高村・島田インタビュー
http://www.kansai-u.ac.jp/sports/media/IMG_A0910.MOV

新着情報一覧へ

このページの先頭へ