関西大学 スポーツ振興グループ

KAISERS試合速報はこちら

  • 新着情報
  • 体育会部員の皆様へ
  • 事務室時間帯
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • HOME
  • 新着情報
  • 【ソフトテニス】西日本学生選手権女子の部で中萌・竹田真樹が初優勝!

【ソフトテニス】西日本学生選手権女子の部で中萌・竹田真樹が初優勝!

西日本学生ソフトテニス選手権が6日から4日間、鳥取市のコカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパークで行われ、女子の部で本学ソフトテニス部の中萌(文学部4年)・竹田真樹(社会学部1年)が決勝で四国大学ペアを5−0で下し、初優勝を果たしました。

本学ソフトテニス部が西日本学生選手権女子の部で優勝するのは、団体、個人、そしてシングルスの3冠を達成した2015年大会で優勝した佐々木美和さん・岡田菜帆さん以来4年ぶりとなります。

連覇が期待されていた団体では、男女ともに惜しくも準優勝に終わりました。

期待のルーキー竹田は「優勝できるとは思っていなかったのでうれしい」と率直な言葉で優勝の感想を述べると、最上級生の中崎は「もちろん優勝を目標にはしていたが、目の前の1試合1試合のことだけを考えていたら優勝していた」と話すと、お互いに顔を見合わせて笑顔を見せていました。

5月の関西学生選手権から本格的にペアを組んだ中崎と竹田。チーム唯一のサウスポーである竹田がカットサーブで相手を揺さぶり、「思いがけないプレー」(中崎)で得点を奪うと、厳しい局面になった時には「めっちゃしんどい時に決めてくれる」と竹田が信頼を寄せる中崎がカバーして勝利を手繰り寄せる。試合前には相手を分析し、戦う方向性をしっかり話し合って挑むスタイルで、西日本学生No.1の称号を手にしました。

西日本学生女王として8月6日から岩手県盛岡市・北上市で行われる全日本大学対抗選手権に挑む中崎・竹田。「西日本インカレでは私たちが負けて2位になった。団体で勝ちたい」とラストイヤーの中崎は捲土重来を期していました。

なお、8月の全日本大学対抗選手権は競技横断大学対抗戦「UNIVAS CUP 2019」の対象試合となっています。現在、本学はアーチェリー部が獲得した100ポイントで30位タイにつけています。

【関連記事(関大スポーツ)】
・【ソフトテニス】雨中の奮闘むなしく、西カレ準優勝で終える。
・【ソフトテニス】ファイナルで福岡大に屈し、2連覇ならず。

西日本学生選手権女子の部で優勝した中萌(右)と竹田真樹

新着情報一覧へ

このページの先頭へ