関西大学 スポーツ振興グループ

KAISERS試合速報はこちら

  • 新着情報
  • 体育会部員の皆様へ
  • 事務室時間帯
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • HOME
  • 新着情報
  • 【総合関関戦】17勝17敗3分で史上初の“両校優勝”!2020年は関西大学で開催

【総合関関戦】17勝17敗3分で史上初の“両校優勝”!2020年は関西大学で開催

第42回総合関関戦が16日、本戦の最終日(4日目)が行われ、関西大学KAISERSは総合成績で17勝17敗3分となり、1978年に第1回大会が行われて以来史上初となる“両校優勝”(引き分け)となりました。

14日、15日にバスケットボール男女と剣道が関西学院大学で行われましたが、KAISERSはいずれも敗れて、11勝14敗2分と黒星が3つ先行するかたちで最終戦に入りました。

【関連記事(関大スポーツ)】
・【バスケットボール】格上相手に力負け。
・【バスケットボール】今季3度目の対決は惜敗も、秋につながる好ゲーム
・【剣道】3年連続の白星ならず。

最終日の先陣を切って行われたソフトテニスが4勝3敗で昨年のリベンジを果たしてKAISERSが勝利すると、関西河川スポーツ共同艇庫(榎木橋〜大吹橋、1300叩砲嚢圓錣譴織棔璽函柄翊)もKAISERSは3年ぶりに総合関関戦で勝利を収めました。

レスリングは総合関関戦で23勝目、昨年は引き分けたフェンシングでもKAISERSが勝利を収めました。さらに、8−0で圧勝したテニス男子(9日)に続いて、女子も5−0でシャットアウト、体操もKAISERSが関西学院大学を圧倒して白星を重ねました。

関西大学KAISERSは最終戦で猛追を見せましたが、準硬式野球、相撲、ホッケーと惜しくも敗れました。そして、関西学院大学を会場に行われた最終競技となったハンドボールは女子が15−26で敗れましたが、男子が39−23でリベンジして引き分けに終わりました。

【関連情報(KAISERS TV)】
・第42回総合関関戦 ハンドボール女子
・第42回総合関関戦 ハンドボール男子

東京オリンピックが行われる2020年の第43回総合関関戦は、関西大学を主会場に行われます。引き続き、関西大学KAISERSへのご声援よろしくお願いいたします。

総合関関戦結果を報じる関スポ(関大スポーツ編集局提供)

総合関関戦閉会式(16日、関西学院大学)

体操競技(16日、関西学院大学体操場)

新着情報一覧へ

このページの先頭へ