関西大学 スポーツ振興グループ

KAISERS試合速報はこちら

  • 新着情報
  • 体育会部員の皆様へ
  • 事務室時間帯
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

各種ロゴ説明

関西大学体育会の統一されたビジュアル・アイデンティティを形成し、大学の求心力を高めるために、設置学校の校章を基本的に活用しつつ大学が体育会のイメージをさらに強化するために作成しました。

また、『体育会カイザーマーク』(アスレティック・ロゴ)を効果的に使用する具体策として、『体育会カイザーマークガイドライン』を導入しています。
特にユニフォーム、トレーニングウェア、正装等に使用するプリント、ワッペン及び刺繍等の各種物品に使用する際の推奨モデルを掲載し、一定の基準に沿った活用をすることで、さらに関西大学のイメージアップを図ります。
以上の主旨を十分ご理解いただき、適切かつ効果的な運用をお願いいたします。


スクールカラーについて

スクールカラーは、大正13年1月にブルー(紫紺)に定められました。また、創立100周年のシンボルマークを公募、決定した時その指定色をFG58原色藍51% FG14紅49%と定めました。なお、これに準じて使用しやすいものとしてDIC225(FG14紅58原色藍40% CGマゼンダ15%)を推奨カラーとしています。

  • 関西大学校章
    関西大学の校章は「大学」の二字を葦の葉で囲んだものです。
    大阪を貫流する淀川の絶えぬ流れに、風雨に耐えて根強く生い茂っている葦の葉は、明治19年なにわの地に関西法律学校として創立され、年とともに発展してきた本学の質実剛健の気風を表わしたものであると伝えられています。
  • 体育会ロゴ(アスレティック・ロゴ)

  • エンブレム(標準パターン)
    Kaisers(皇帝・帝王)をテーマに、戦いのシンボル、盾をデザイン化。関西大学の「K」、カイザーズ(Kaisers)を中心に配し堅実さを表現、上部には、勝利と栄光のシンボル、月桂樹を配し、スポーツマンシップに則り、あらゆるスポーツシーンにおいて、つねに頂点を目指す姿勢を表現しています。またそれらを取りまくモチーフは、大きく広げた翼、王者のたてがみ、燃えさかる炎をイメージし、対戦相手を威圧する力強さと誇り高き関大生のパワーを表現しています。
  • カイザーマーク(標準パターン)
    Kaisers(皇帝・帝王)をテーマに、戦いのシンボル、羽飾りのついた「かぶと」をデザイン化。皇帝が指揮官として戦いに赴く勇姿に、勝利を目指して突き進むスポーツマンシップを重ね合わせ、あらゆるスポーツシーンにおいて、つねに頂点を目指す姿勢を表現しています。
  • ネームタイプ(標準パターン)
    Kaisers(皇帝・帝王)の展開として、チームネームをデザイン化。チームネームを各チームで統一し使用することで、関西大学と体育会が高い求心力を発揮することを期待されています。

ロゴ利用についてのお願い

イメージの一貫性を保つため、『体育会カイザーマーク』(アスレティック・ロゴ)をカラーで表現する場合は、必ず紺をベースに使用してください。
原則として、「カイザーマーク」「エンブレム」「ネームタイプ」3つから、変形や多色での表現、組み合わせでの使用は禁止します。
また、紺の指定には、再現方法により規定の指示データを使用してください。
指定色「紺:FOCOLTONE6048(フォーカルトーン)および近似色」
表現した際、素材の色や材質により適切な色が表現されない場合がありますので、試作品作成時に確認し、正確に表現するようにしてください。

ロゴのダウンロード

ロゴをダウンロードされる方は、下のロゴ画像をクリックしてください。

このページの先頭へ