KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

KANDAI for SDGs

SDGs(持続可能な開発目標)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます(日本の取組(PDF))。

外務省HPより引用

学長の挨拶

関西大学学長 芝井 敬司

SDGs推進プロジェクトに関して

関西大学では、このたび新しく私を座長とする「SDGs推進プロジェクト」を設置して、SDGsの推進活動に積極的に取り組むことにしました。
さて皆さんは、SDGs:sustainable development goalsという言葉を聞かれたことがあるでしょうか。2015年9月25日、第70回国連総会において、「持続可能な開発のためのアジェンダ2030」が採択されました。アジェンダですので、一種の行動計画としてまとめられた文書です。
ここで、「持続可能な開発目標」(SDGs)とされているのは、17の大目標に当たります。目標1は貧困の克服に置かれていて、「あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる」(End poverty in all its forms everywhere.)ことを目標としています。以下、「飢餓」、「保健」、「教育」、「ジェンダー」、「水と衛生」、「エネルギー」、「経済成長と雇用」、「インフラ、産業化、イノベーション」、「不平等」、「持続可能な都市」、「持続可能な生産と消費」、「気候変動」、「海洋資源」、「陸上資源」、「平和」、「実現手段」の各点に焦点を当てて、目標を定めています。たとえば目標4(教育)では、「すべての人に包括的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する」ことを求め、目標13(気候変動)では、「気候変動およびその影響を軽減するための緊急対策を講じる」となっています。
そして、この17の大目標の下には、より具体的な169のターゲットが盛り込まれています。目標4(教育)を例にとれば、「4.1 2030年までに、すべての子どもが男女の区別なく、適切かつ効果的な学習成果をもたらす無償かつ公正で質の高い初等教育および中等教育を修了できるようにする」という1番目のターゲットから始まり、就学前教育、高等教育、職業教育、教育と訓練への平等のアクセス、教育施設と学習環境、開発途上国への支援、質の高い教員の育成などについて、10のターゲットが書き込まれています。
私たちは、2015年にSDGsが採択されたことに関して、これが国連加盟193か国の総意によるものであるという事実に注目しておく必要があります。2016年から2030年までの15年間に、17の目標達成に向けて、それぞれの国が必要な努力をしていくと、今から3年ほど前に合意をしたのです。
政治、経済、社会の場面で、SDGsという言葉が日本社会でも広まりつつあります。ずいぶん高邁な目標が掲げられていて自分とは関係がないと感じる人もいるかもしれません。しかし、これだけ広範囲にわたる目標ですから、それぞれの個人ができることも少なくありません。たとえば、国連広報センターのウェブサイトでは、「持続可能な社会のためにーナマケモノにもできるアクション・ガイド」(The LAZY PERSON’S guide to SAVING the WORLD)を作成しています。学生、教職員をはじめ、関大のすべてのステークホルダーの皆さんと、SDGsのことを考え協働していくことができれば幸いです。

SDGs達成に貢献する関西大学での取り組み